オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

天白区の棟瓦の漆喰工事が完了しました。屋根工事は街屋根にお任せ!


天白区の棟瓦の漆喰工事が完了しました。
屋根材が瓦の場合は漆喰工事が必要となる事があります。

快適な生活をする為にも定期的なメンテナンスをしてお家の寿命を延ばしてあげましょう。

屋根外壁工事の事なら街の屋根やさん名古屋東店にお任せください!
S瓦 棟の補修工事
前回までの工事で棟瓦の漆喰と葺き土を撤去して棟木の撤去まで行いました。

本日はその続きからです。
瓦は既存の瓦をそのまま使用しますので屋根上で保管しておきます。
瓦そのものは割れたりしない限りそのまま使えます。

S瓦 棟の補修工事
S瓦 棟の補修工事
棟瓦を固定するための下地となる棟木を取付けていきます。

街の屋根やさん名古屋東店では棟木に樹脂で出来た人工木を使用します。
これは樹脂で出来ており一般的に使用される木材と違って腐食する心配がありません。

湿気や浸水によって経年劣化により木が腐食してしまう事はよくあるので人工木を使用することで
このような心配からは解放されます。

少しでも耐久性を考えた工事を検討されている方は人工木がおすすめです。
S瓦 棟の補修工事
S瓦 棟の補修工事
S瓦 棟の補修工事
S瓦 棟の補修工事
白く見えるのが今回使用した『なんばん漆喰』です。

なんばん漆喰は漆喰とは違います。
漆喰は仕上げに使われることが多いです。防水性は低いですが透湿性は高く調質効果もあるので
室内で使われることも多いです。

なんばん漆喰は、粘土や油脂が含まれているので防水性が高く強度も高いです。

和形の瓦の場合は漆喰を使用しますが、今回の様なS瓦の場合はなんばん漆喰を使用することが多いです。

なんばんしっくいは葺き土代わりにも使用できるので用途に応じて使い分けをしていきます。

雨が入らない様に瓦の形状に合わせて漆喰を盛っていきます。

S瓦 棟の補修工事
最後に棟瓦を復旧していきます。

最後に上からビスで固定をしていきます。
固定するビスはパッキンが付いたステンレス製のビスで止水効果の高いものを使用します。

昔は釘で固定していたのですが釘の抜け落ちやサビ等がどうしても発生してしまうので
最近ではパッキン付きのステンレス製のビスをしようしていきます。


これで今回の工事は完了です。

屋根は普段なかなか見ることが出来ない場所です。
ですので何か症状(雨漏り・雨染み)が出てからでないと気が付かないことが多いです。

しかしそれでは内部の工事(下地の交換や内装クロス)が発生してしまい費用が膨らんでしまいます

新築してからや前回の工事から10年以上経過している場合は
メンテナンスが必要かもしれません。

そんな時は街の屋根やさん名古屋東店にご相談ください

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟の漆喰劣化

小牧市の屋根工事の様子をお伝えしたいと思います。先日屋根の調査に行きました。屋根には陶器瓦が使用されていました。瓦の場合は他の屋根材と違い表面の塗装をする必要はありません。しかし状態によっては棟部分の漆喰やその他のメンテナンスが必要となりま...........

強力棟の取り付け

先日から行っている小牧市の屋根工事現場です。なんばん漆喰を使用した棟の取り直し工事をしています。瓦屋根の場合は漆喰や棟の工事が必要です。台風シーズンに入っていますが大きな被害が起きる前にメンテナンスをお勧めいたします。屋根や外壁にはたくさん...........

棟取り直し工事 工事前状況

小牧市で築35年の瓦屋根の棟取り直し工事をしています。瓦屋根の場合は他の屋根材と比べて塗装工事をする必要はありません。しかし棟部分に使用している漆喰のメンテナンスは必要となります。漆喰が剥がれている場合はメンテナンスの時期となりますので目安...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687