オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

守山区で青色の陶器瓦(青緑)の屋根補修工事 ビフォーアフター

屋根補修工事 釉薬陶器瓦
こちらが凍てて割れた瓦です。
寒い地域では瓦が吸水して凍結すると
瓦を傷めてしまう事があります。

雪が降る地域では凍てることが多いです。
屋根補修工事 釉薬陶器瓦
新しい瓦に差し替えをしました。

同じ形状と色の瓦が今でもありましたので
簡単に差し替えをすることができました。

昔の土葺きの屋根なので瓦が全体的にずれてきていました。
部分的にラバー工法をしておきました。
屋根補修工事 釉薬陶器瓦
棟の下に塗られている漆喰です。

漆喰が剥がれてきており葺き土が露出していました。
棟の歪みに繋がる可能性もあるので
漆喰の塗り直しをしました。
屋根補修工事 釉薬陶器瓦
真っ白で綺麗に漆喰が塗られました。

漆喰は15年に1度のメンテナンスをお勧めしていますが環境によって寿命は変わってきます。

漆喰の剥がれがある場合は早急にメンテナスが必要です。
屋根補修工事 釉薬陶器瓦
漆喰が剥がれて葺き土が露出していました。
屋根補修工事 釉薬陶器瓦
古い漆喰を撤去して新しく塗りました。

コテを使い分けて細かい部分まで
塗り上げていきます。
屋根補修工事 釉薬陶器瓦
壁際に塗られていた漆喰も
剥がれていました。
屋根補修工事 釉薬陶器瓦
新しく塗っていきます。
綺麗に仕上がりました。
屋根補修工事 釉薬陶器瓦
棟に段差がある屋根の場合は鬼瓦が使えないので棟の端っこ部分が漆喰で塗られている場合があります。

しかし紫外線などによってボロボロになっていました。
屋根補修工事 釉薬陶器瓦
今度は板金で瓦の形状をつくって蓋をしました。

漆喰よりも耐候性が高いので長持ちします。
屋根補修工事 釉薬陶器瓦
壁際部分です。
瓦は湾曲した形状をしています。

丁度、瓦の低い部分が漆喰にあたるので
雨が降ると漆喰に雨が当たって
漆喰を傷めてしまいます。

軒先部分の漆喰が劣化して剥がれていました。
屋根補修工事 釉薬陶器瓦
直接雨が当たらない様に
鈑金を加工して取り付けました。

最近の様な豪雨では今までは雨漏りしなくても

想定以上の雨が降るので雨漏りする場合があります。

点検の際に雨漏りの危険性や劣化してメンテナンスが必要な場所は説明して工事のご提案させていただきます。

屋根の事は街の屋根やさん名古屋東店にお任せください

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!
0120-969-687