オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

愛西市で瓦屋根の点検をしました。瓦に異常がある場合は修理が必要です


瓦屋根の点検
愛西市で瓦屋根の点検をしました。

瓦に異常がある場合は修理が必要です。
異常といってもどんなものがあるかといいますと、まずは瓦に割れがあるかどうかですね。

それ以外にも瓦のずれや浮き、そして瓦屋根に使われることが多い漆喰の劣化などです。


街の屋根やさん名古屋東店では定期的な屋根の点検をお勧めしているのですが

いつすればいいのか

どこに頼んだらいいのか

この様に悩まれる方が多いと思います。

そんなときは街の屋根やさん名古屋東店にお任せください。

調査・見積りは無料でおこなっておりますのでお気軽にお申し付けください。

そしていつ頼んだらいいのか

ですが、これは気になった時で良いと思います。


もうひとつの目安としては大きな自然災害の前後です。

具体的には台風シーズンに入る前や台風が通過した後です。

台風通過がは何かしらの飛来物によっておもいがけない被害が発生することもあります。

そんなときは街の屋根やさん名古屋東店にご相談ください
瓦屋根の点検
瓦屋根の点検
今回点検した家の屋根に上がって見ました。

そうすると瓦に凍てが発生して瓦の表面が割れていました。
寒い地域で発生しやすいのですが、瓦が割れてしまうので新しい瓦に差し替えが必要となります。

差し替え自体は難しくはありませんが高所作業になり危険ですので

決して自分でやろうとはしないでください
瓦屋根の点検
次に屋根の頂点にある棟部分です。

瓦が積まれておりその下には漆喰が塗られています。
漆喰のメンテンナンスは目安として
15年毎にやられのが理想です。
瓦屋根の点検
棟と鬼瓦の取り合いには漆喰が塗られています。

劣化と風化が進行してボロボロになっていました。
まだ剥がれてはいませんが劣化は進行しています。

この部分は漆喰を撤去して
隙間を瓦用のコーキングで仕上げるのが
最近では主流となっています。
瓦屋根の点検
瓦屋根の点検
漆喰の剥離が進行していました。

一部では漆喰が剥がれてしまいその奥の葺き土まで流出している部分がありました。
このまま放置しておくと土が流されて棟の歪みに繋がってしまうので危険です。

漆喰の塗り直しが必要です。
瓦屋根の点検
棟の高さが違う場所には棟止めの漆喰が塗られています。

漆喰が劣化して剥離が進行していました。

この部分も補修が必要です。
既存の漆喰を撤去していき、耐久性の高い板金で型取り蓋をするのがいいでしょう。

今回の点検では瓦の凍てによる割れから、漆喰の劣化まで様々な屋根の異常がありました。

必要な箇所は補修が必要です。
それを怠ると最悪の場合は雨漏りを引き起こしてしまいます。

屋根の点検をしてみたい方は街の屋根やさん名古屋東店にご相談ください

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒屋根

名古屋市昭和区にて、数十年前に普及された瓦棒屋根から雨漏りが発生していたため、至急現地調査に行きました。瓦棒屋根には、何種類かありますが中に芯木に入っているパターンと入っていないパターンがあります。今回は、芯木が入っていない山が小さい瓦棒屋...........

折半屋根の塗装

一宮市で退色と錆が発生して経年劣化が進んだ折半屋根を見てきました。折半屋根は金属製なので良い状態を維持する為に定期的なメンテナンス(塗装)が必要となります。今回は見積りも兼ねた現地調査をしてきました。

シーリング工事

小牧市でやっている塗装工事の現場からです。シーリングの打ち替え工事が完了しました。前回の続きから完了までお伝えをしたいと思います。一般的な戸建物件ですとシーリング工事は2~3日程かかります。シーリングはお家を雨水から守る重要な部分です。塗装...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687