ちょっと気になる屋根裏・小屋裏(天井裏)の仕組み


「屋根裏」「小屋裏」 言葉は違いますが同じ空間を指しています
 小屋裏、屋根裏や天井裏などという言葉を耳にすることがあると思います。これの違いってなんでしょう?実はみんな同じ空間を指しています。

 お住まいの天井と屋根の下(野地板)の間にある空間のことを指しています。 
 屋根の裏側だから屋根裏、天井の裏側だから天井裏、建物を小屋と見立てて小屋の見えない部分だから小屋裏、結局は同じところを指しているのにややこしいですね。 

 ここでは統一して小屋裏と呼ぶことにいたします。
小屋裏の広さは屋根の勾配によって変わります
 小屋裏、建物の形状にもよりますが屋根の勾配(傾斜)が急であればあるほど広い空間になります。 
 ログハウスなどは屋根が急ですがこういった建物は天井がない場合も多くその場合は小屋裏は存在しないことになりますね。
小屋裏は収納スペースやロフトなど使い方は様々
 この小屋裏、は時として収納スペースを作っていらっしゃる家もあったり、「ロフト」と称してお部屋にしているお住まいも見受けられます。

小屋裏の持つ本当の意味とは?

2階の部屋が暑くなるメカニズム
 実は部屋の暑さなどに重要な意味を持っているのがこの小屋裏なのです。
 

 屋根が受けた太陽の熱は小屋裏の空気を暖めていきます。この熱気が室内に伝わりお部屋の中は暑くなっていくのです。

 2階の部屋が暑いというのは実はこの小屋裏の空気に問題があるのです。
太陽の熱に暖められた小屋裏の空気が室内に伝わることで2階の部屋は暑くなります

結露は冷気で冷えた小屋裏と暖房で湿気を帯びた室内との温度差で生じます

結露が発生するメカニズム
 そして最近の屋根材に見られるのが結露の問題です。 

 野地板、防水紙、その上は屋根材と密着した作りになっています。屋根材の外側と小屋裏の温度差が多いと内部に結露が発生する恐れがあります。  

 この夏の暑さや冬の結露、この原因は小屋裏の換気が十分にされていないから起きる場合がほとんどなのです。

小屋裏の換気ってどうしているのでしょう?

有孔板やガラリで小屋裏は換気をしています
 実は大体のお住まいにはついているのです。屋根と壁で屋根が出っ張った部分の裏側、軒裏天井と言いますがそこに穴の空いた部分(有孔板といいます)がないでしょうか? 
 あるいは天井裏と思われる部分の壁にスリットの入った飾りや穴のような部分(ガラリといいます)がありませんか?
 実はその部分で小屋裏の空気を対流させて熱気や湿気を逃がしているのです。

 夏に暑く、冬場に湿気があるお住まいはもしかするとこの小屋裏換気がうまくいっていない可能性があります。
棟板金に換気装置が付いた換気棟というものがあります
 コロニアル屋根や金属屋根の場合、棟板金に換気装置の付いた(もちろん雨は入らず空気の出入りだけができるものです)換気棟というものもあります。これをつけることで有孔板やガラリと高さが違うのでより空気の対流が良くなり効果を発揮します。 

 小屋裏に収納を作ることも有効利用として良いのですが暑さや湿気の対策は建物を長く持たせる上で重要です。
一度屋根裏の換気についてお考えいただいてはいかがでしょうか?
commoncontact_jup
9時~17時まで受付中!
0120-969-687