夏の暑さを低減する遮熱塗料、サーモアイシリーズ


光熱費を削減させる塗料 サーモアイシリーズ
塗料の違いによる毎月の光熱費の差額
 それを実現してくれるのが遮熱塗料のサーモアイシリーズです。暑さが和らぐと過ごしやすくなりますよね。エアコンの使用も控えることができるので、光熱費を削減できるほか、冷房病といった体調不良に悩まされる機会も減ります。光熱費を削減できれば、その分CO2を削減できますので、環境問題にも貢献できます。
 快適に過ごせる、光熱費を削減できる、冷房による体調不良に悩まされない、CO2を削減できるといった良いこと尽くめの遮熱塗料のサーモアイなのです。日当たりが良すぎるお住まい、ヒートアイランド現象に見舞われる都市部のお住まいなどの屋根塗装に特にお勧めです。

ヒートアイランド現象とは?

都市部気温の上昇の要因図
 緑地の減少、車や建物からの排熱、アスファルト道路やコンクリートの建物の蓄熱による都市部の気温上昇現象のことです。そこにアスファルト道路やコンクリートの建物などの都市の構造物がなかったとした場合、気温の上昇は起こりえません。都市部ではヒートアイランド現象を緩和するため、屋上緑化や壁面緑化、屋上や屋根への遮熱塗料の塗装、窓ガラスへの日射調整フィルムやコーティングなどの費用の一部を助成している自治体もあります。東京などの都市部の方は自治体のホームページなどで確認してみましょう。
高い日射反射率と赤外線透過混色技術で最大限の遮熱を実現
一般的な塗料と遮熱塗料の違い
 屋根塗装や外壁塗装は通常、下塗り・中塗り・上塗りと3回以上の塗りを重ねます。普通の遮熱塗料の場合、中塗りと上塗りにしか遮熱機能はないのですが、サーモアイシリーズは専用の下塗り材(サーモアイシーラー・サーモアイプライマー)が用意されており、これらにも遮熱機能を持たせています。ダブルで反射させるため遮熱効果を最大限に発揮できるのです。さらにサーモアイがすごいのが「赤外線透過混色」という技術です。上塗り層で反射できなかった赤外線を透過させ、下塗り層で反射させて熱に変わることを防ぎます。

屋根表面で最大20℃、室内で最大4℃、温度の低下が期待できます

屋根表面・室内温度の温度差グラフ
 ダブルで遮熱効果が期待できるサーモアイ、いったいどの程度の温度低下が期待できるのでしょうか。日本ペイントのホームページには屋根表面で約20℃、室内で約4℃の温度低下という実験結果が出ています。大手の空調メーカーは「エアコンの設定温度を1℃上げると約10%の節電になる」と言っています。この実験結果を見る限り、設定温度を数度上げることが可能なようです。これは光熱費の削減に大きく貢献しそうです。

遮熱効果を発揮するためには色選びが重要です

色の濃淡と反射率のグラフ
 光をよく吸収する色として黒、反射する色として白が知られているように日射反射率と遮熱効果は色によって大きく変化します。一般的に明るい色の方が反射率も高く、遮熱効果も大きいのです。反対に濃い色は反射率が低く、遮熱効果も控えめになる傾向にあります。サーモアイといっても塗り替え前よりも濃く、暗い色をお選びになられた場合はこれまでの色の方が日射反射率が高く、遮熱効果も高いことがあります。塗り替え前よりも明るい色を選んだほうがより遮熱効果を感じることができるでしょう。最大限に遮熱効果を発揮したい方には日射反射率91%のクールホワイトをお勧めします。
サーモアイ40色のうち日射反射率の高い18色
commoncontact_jup
9時~17時まで受付中!
0120-969-687
サーモアイは外壁用の他、路面用も用意されています

屋根塗装用塗料

before1
施工前:長寿命なフッ素塗料サーモアイ4Fを選択
次の塗り替えまでの時期を長く取りたいので4Fを選択。
horizontal
after1
サーモアイF4屋根塗装施工後
長寿命なフッ素塗料で長期に渡り遮熱効果を維持。
before1
施工前:塗装の色褪せ、苔が発生
塗装の色あせ、苔の発生など塗装の時期がきていました。
horizontal
after1
施工後:サーモアイSiを塗装し輝きを取り戻しました
鮮やかな緑でまるで新築のような輝きを取り戻しました。
before1
施工前:塗装の色褪せ、苔が発生
塗装の色あせ、苔の発生など塗装の時期がきていました。
horizontal
after1
施工後:サーモアイUVを塗装し輝きを取り戻しました
鮮やかな緑でまるで新築のような輝きを取り戻しました。

外壁塗装用塗料

before1
施工前:日当たりが良いので外壁も遮熱塗料を選択
日当たりが良いお住まいには外壁塗装も遮熱塗料で。
horizontal
after1
施工後:水性サーモアイウォールFを塗装し、長期に渡り遮熱効果を維持
長寿命なフッ素塗料。外壁も長期に渡り遮熱効果を維持。
before1
施工前:塗膜の色褪せ、苔が発生
塗膜の色あせ、苔の発生など、塗装の時期がきていました。
horizontal
after1
施工後:シリコン塗料水性サーモアイウォールSiを選択
ご家族が暑がりだということで外壁塗装も遮熱塗料を選択。

路面用塗料

路面用塗料施行例1:暑かったプールサイドへ
暑くて歩けなかったプールサイドでも素足での歩行が可能になります。快適に利用していただけるだけでなく、小さいお子様やご年配の方々のやけどを防ぐことが可能です。
路面用塗料施行例2:オープンカフェの床面へ
オープンカフェで床面に施工すれば暑い時期でもお客様に快適に過ごしていただけます。見た目も変わり、環境にも配慮しているということで、他店との差別化ができます。

第三者機関によりその性能が実証されています

環境省が推進するETV(環境技術実証事業)
 環境省が推進するETV(環境技術実証事業)のもと、サーモアイは第三者機関によって実証試験が行われています。その試験結果は環境省のホームページに掲載されており、誰でも閲覧することが可能です。

ETV(環境技術実証事業)とは

優れた環境技術のために
 環境保全効果が高い先進的環境技術でありながらも客観的な評価がなされていないため、普及が進んでいないという問題を解決するために環境省が推進している事業。第三者機関が環境保全効果、副次的な環境影響を試験等に基づき客観的なデータを記録し、そのデータが環境省のホームページに掲載される。環境省のホームページにデータが掲載された技術はETV(環境技術実証事業)の検証を受けたものとして、ロゴ(マーク)を使用できる。
commoncontact_jup
9時~17時まで受付中!
0120-969-687