粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、瓦の種類と見分け方


同じ瓦でも「形状」「材質」「メンテナンス方法」など種類は様々
 古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか? 

 瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類できます。 そして瓦の種類によってメンテナンス方法も違ってくるのです。

和瓦

瓦の種類 和瓦(日本瓦)
 日本瓦とも言います。材料は粘土を使って焼き上げています。釉薬を使って表面をコーティングした瓦と無釉薬の素焼き瓦の2種類に大別されます。 

 メンテナンス方法としては特になく、傷んだ部分は交換して屋根を維持していくことになります。
和瓦のメンテナンス風景
 一般的な瓦(粘土瓦)は上記で述べたとおり、交換することで瓦のメンテナンスをしていきます。 
 和瓦はほとんど同じ形、サイズとなっています。
  街の屋根やさん
瓦屋根についてさらに詳しく知りたい方はこちら

洋瓦

瓦の種類 洋瓦
 S字瓦、平板瓦等形状は様々です。洋瓦のほとんどは釉薬を使用して仕上げています。 

 メンテナンス方法は上記と同様、傷んだ部分を交換することで屋根を維持いたします。
 洋瓦は出しているメーカーにより形の違うものが多数あります。メーカーが製品を出しているうちは良いのですが廃盤になった場合、唯一のメンテナンス方法である交換工事ができなくなる場合がります。 
 その場合はコーキングなどで補修をするか、最悪全部を葺き替える工事をする必要性も出てきます。
傷やヒビをコーキングで補修した洋瓦
洋瓦の補修個所個所が多いため葺き替え工事を行った屋根

セメント瓦・コンクリート瓦

瓦の種類 セメント瓦・コンクリート瓦
 粘土瓦に変わって一時期流行した瓦にセメント瓦とコンクリート瓦があります。 
 これはそれぞれセメント、コンクリートを使って成形した瓦で型に起こして作成するので、ほぼ同じ形に仕上がり、焼きムラなどがない分、重宝すると思われていました。 

 この瓦は塗装工事でメンテナンスが可能ですのでそういった部分でも流行ると思われていたのですが重量が重く、瓦に取って代わることはできず、今では生産されていないものがほとんどになっています。
塗装によるメンテナンスを行ったセメント・コンクリート瓦屋根
 現在では割れた部分の交換など、材料が見つからず苦労をしている屋根材です。 

 セメント瓦もコンクリート瓦も塗装工事でメンテナンスが可能ですが下塗りに使う材料が違うので種類の見分けを間違えると折角の塗装がすぐ剥がれる場合があります。 
 簡単な見分け方は小口が平で綺麗なのがセメント瓦、ゴツゴツしているのがコンクリート瓦です。
commoncontact_jup
9時~17時まで受付中!
0120-969-687
瓦には塗装が「必要なもの」「必要でないもの」があります
 瓦というとほとんどの方が塗装は必要ないと思っているでしょう。概ね正解です。 
 しかし、前述のセメント瓦とコンクリート瓦のように塗装を必要とするものもあります。
塗装が必要でない粘土から作られた瓦(釉薬瓦など)
 塗装が必要でない瓦は粘土から作られています。そのような瓦は釉薬によって色をつけられるものもありますし、焼くことで粘土の色の変化を楽しんだり(窯変)、燻されて色をつけられるものもあります。 
 これらの瓦も色褪せはしますが、それによって瓦自体がだめになってしまうことはありません。いぶし瓦などは色褪せで渋い銀色に変化していくので経年による変化を楽しむ方もいらっしゃいます。
塗装が必要なセメント瓦
 塗装が必要になる瓦はセメント瓦とコンクリート瓦です。これらは顔料や塗料によって色がつけられています。 
 塗料はどうしても経年による劣化が避けられません。また防水性能を塗料に頼っている部分もあります。
 雨水が染みこみやすくなると成分が水に溶けてだしてもろくなっていきますし、凍害にも遭いやすくなります。耐用年数を延ばすために塗装が必要になってくるのです。

金属瓦

瓦の種類 金属瓦
 昨今では瓦のように見えて実は金属を使った金属瓦も出ています。浅草の浅草寺などは見た目は瓦屋根のようですが実は金属瓦なのです。
 屋根材の軽量化、メンテナンスも塗装等で対応可能、落下の心配もないので寺社仏閣などでも使われてきています。
 中でもチタンが主原料となっている瓦は金とほぼ同等の耐腐食性を持つと言われています。高価なものですが、非常に頼もしい存在です。
瓦といっても和瓦・洋瓦・セメント瓦・コンクリート瓦・金属瓦と様々なものがあります 要望に合わせて屋根材を検討しましょう
commoncontact_jup
9時~17時まで受付中!
0120-969-687