夏は涼しく、冬は結露を防ぐ! 快適生活をサポートする換気棟


換気棟の設置で夏の暑さ、冬の結露対策

なかなか効かない冷房、冬になると発生する結露、小屋裏換気で解決できます

屋根の断熱材だけでは外気気温を防ぎきれない
 「日当たりが良すぎるせいか、夏になると2階の冷房がなかなか効かない。光熱費がとんでもない額になっている」
 「冬は冬で窓ガラスやサッシの枠に結露が発生して、雑巾を手放せない。結露の水が染みて、柱が変色してしまった」
、これらのことでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 その暑さの原因や結露の原因が屋根裏(小屋裏・天井裏)にあるといったら、貴方は信じられますか。
 「天井の上には断熱材入っているからそんなことないでしょ」とお考えになる方がほとんどだと思います。事実、その通りなのですが、断熱材だけではそれを防げないことも多いのです。
冬の場合
 お部屋の温められた空気や湿気は上へ上へと昇っていき、天井に到達。天井は空気や湿気を通す構造に なっているので、暖められた空気がそこを抜け、断熱材に達します。
空気や湿気が天井や断熱材を通す構造
 断熱材も空気や湿気を通す構造になっているので、暖められた空気や湿気はそこを通過していくのですが、断熱材の層が終わりに近づいてくると徐々に冷やされ始めます。

 断熱材を抜けた途端、空気と湿気は一気に冷やされ、飽和水蒸気量※の限界を超え、これまで気体であった湿気(水蒸気)は途端に液体の水へと変化し、結露となります。
夏の場合
 屋根材にもよりますが、炎天下の屋根の表面温度は80℃にもなると言われています。断熱性能が高い屋根材としてよく瓦が挙げられますが、表面は触ると火傷するくらいの温度になります。
夏の温かい空気が屋根や断熱材を通す構造
 断熱材と一体となった金属屋根材も断熱性能が高いと言われていますが、こちらも表面温度はとんでもないことになっています。瓦も金属屋根材も裏側に温度を伝えづらいだけであって、表面は火傷するレベルの温度になることを覚えておいてください。

 基本的に物体は熱伝導によって、その物体自体が同一温度になろうとする性質を持っています。途中の熱損失を除けば(数メートルある金属の端をバーナーで炙っても逆側の端は途中で熱カロリーが空気中に放出されてしまうので、同じ温度にはならない)、断熱性の高い素材であっても、同じ温度になろうとします。

 炎天下の屋根の表面温度は80℃に達する場合、野地板の温度は実測で60℃程度になるようです。屋根裏の広さ(高さ)にもよるのですが、天井と断熱材を隔てているとはいえ60℃、一方でお部屋のエアコンの設定温度は27℃、これではエアコンの効きが悪くて当然です。
飽和水蒸気量とは
commoncontact_jup
9時~17時まで受付中!
0120-969-687

覚えておこう! 結露が発生する仕組み

 結露は温度と飽和水蒸気量の関係で発生します。現在のお住まいは多種多様な素材で構成されていて、例えば、現在のお住まいの玄関の土間はほとんどがタイル張りではないかと思います。
 
 夏場、その部分を素足で触れれば、冷たくて気持ちいいと思います。冷たいというのはその部分だけ温度も低く、飽和水蒸気量も少なくなるため水蒸気という気体ではなく、水という液体へと変化します(気体の水蒸気が液体の水へと変わる温度を露点という)。
結露が発生する仕組み
 温度が外部に逃げやすい窓ガラス、サッシの金属部分ではお部屋の温度に較べ、低くなりがちなので結露を発生しやすくなります。小屋裏においては頂点の部分の他、北風が当る部分、耐震性を高めるためにつけられている金属性の筋交い部分などで発生しやすくなっています。

湿気と暑い空気は換気棟で外に排出してしまいましょう

 湿った空気に暑い空気、これらを外に排出できればこれらの問題は解決できますよね。これらを解決するのが換気棟による小屋裏換気です。
 具体的には屋根の天辺(大棟部分)に通風孔のある換気棟を設けて、そこから湿気と暑い空気を排出させるのです。
換気棟有り、無しの空気の動き
このような表記をすると、電動の換気扇を使った強制換気を思い浮かべる人もいると思いますが、暖かい空気は上昇するという自然現象を利用した仕組みのため、電気代などのコストは一切かかりません。

 維持費用は一般的な棟板金とほぼ同じです。棟板金交換などのメンテナンスをお考えの場合はぜひ、ご検討いただきたい項目です。
 これまでに街の屋根やさんは様々な屋根リフォームを行ってきました。比較的安価で対費用効果が高く、施工したほとんどの方から感謝されている一つがこの換気棟です。自信を持ってお勧めできます。

換気棟+遮熱塗料・断熱塗料との組み合わせで快適性能がさらにアップ!

遮熱塗料・断熱塗料の仕組み
 夏場の暑さを防ぐ人気の塗料が遮熱塗料・断熱塗料です。お部屋の温度を下げてくれるという優れもので、確実に光熱費を下げてくれます。しかし、これらの塗料にも限界はあり、夏場の暑い日は屋根の表面温度は気温より確実に上がりますし、小屋裏も暑くなります。やはりエアコンを稼動せざるを得ないのです。

 これら遮熱塗料や断熱塗料と換気棟を組み合わせることで、さらに快適性能が上がります。エアコンの冷房の効きはぐっと良くなります。断熱塗料の場合はお部屋を暖房した時にも小屋裏との気温差ができにくくなりますから、結露の量が減ります。
屋根塗装と換気棟、ちょっとした屋根リフォームで地球と財布に優しく、さらに健康にも良い快適生活が実現できるのです。
ダイヤスーパーセランマイルドのページはこちら
サーモアイのページはこちら
小屋裏換気の仕組み
妻換気
軒先換気
軒先と妻換気の組み合わせ
軒先と換気棟の組み合わせ
換気棟に関してなんでもお気軽にお問合せください
commoncontact_jup
9時~17時まで受付中!
0120-969-687
換気棟に関するよくある質問

換気棟は瓦屋根に取り付けることも可能なの?

街中では、切妻・寄棟・方形といった形状のスレート(コロニアル・カラーベスト)屋根との組み合わせばかり見かけます。

ご安心ください、瓦屋根にも片流れの屋根にも後付け可能です!

換気棟のついた屋根
 街でたまに見かける換気棟。そのほとんどがスレート(コロニアル・カラーベスト)屋根に取り付けられたものであり、屋根の形状も切妻、または寄棟といったよく見かける一般的なものだと思います。
 これら以外の取り付け例を見ることはほとんどないので、「その他の屋根には取り付けられないのでは」と思ってしまいがちですが、どんな屋根材の屋根でも、どんな形状の屋根でもほぼ取り付け可能です。

換気棟
 まず、スレート屋根と同じく棟板金を備えていることの多い金属屋根ですが、取り付けはもちろん可能です。
 既存の棟板金を交換し、屋根を加工することによって取り付けできます。次に瓦屋根ですが、棟の部分は熨斗瓦や半丸瓦、漆喰とさまざまな部材で造られているため、取り付けが不可能なように見えますが、取り付けできます。

 瓦屋根専用の換気棟が発売されていますので、ご安心ください。棟の取り直し工事などをする時に同時に行うことをお勧めします。
 次に屋根の形状ですが、切妻や寄棟といった一般的な形状以外でも取り付けることが可能です。屋根の傾斜が一方向にしかない片流れの屋根にも専用の換気棟が発売されておりますので、対応可能です。
 
 陸屋根やR屋根(かまぼこ屋根)といった形状の屋根については換気棟以外の小屋裏換気をご案内することも可能ですので一度、ご相談ください。

ご注意ください! その換気棟、本当に換気していますか?

換気棟の無料点検は街の屋根やさんにお任せ下さい
 新築時に取り付けた換気棟、これで夏場も涼しく過ごせる、冬場も結露なく過ごせると思ったら、どうもおかしい。夏は暑いし、四六時中、黴臭いし、本当に機能しているのかと疑問に思っている貴方、まずは無料点検をお申し込みください。
 施工不良の可能性があります。換気棟は屋根の天辺に通風孔を開けることによって換気させる仕組みです。

 あってはならないことですが、新築時に何らかの手違いで通風孔が設けられていないのに、換気棟だけ設置されているということもあります。
 長年、使用していると換気棟の通風孔部分は通風によって汚れが付いてきます。その汚れがない場合は屋根の天辺に通風孔を開けられていない可能性があります。

換気棟+遮熱塗料・断熱塗料との組み合わせで 快適性能がさらにアップ!

ダイヤスーパーセランマイルドIRのページはこちら
サーモアイのページはこちら
commoncontact_jup
9時~17時まで受付中!
0120-969-687