愛西市で築30年経つスレート屋根の点検に行ってきました。


愛西市で築30年経過する家へ屋根の点検に行ってきました。
お施主様より屋根は塗装ではなく重ね葺き(カバー工法)工事を検討されているとの事でした。

ですので今回は見積もりを兼ねた調査と点検に行ってきました!!

スレート屋根のメンテナンスとしては

・塗装工事

・葺き替え工事

・重ね葺き(カバー工法)工事

上の3つの方法があります。


屋根の状態やメンテナンス周期の希望によってご提案できる工事が変わります。

スレート屋根のメンテナンス
こちらが今回調査に行ってきた屋根です。

スレート屋根ですが築30年で塗装工事を15年前にされたそうです。
しかしそれ以降はメンテナンスをされていない状態でした。

スレート屋根自体にズレや割れている箇所はありませんでした。
しかしスレートの反りが進行しておりスレートとスレートの間に隙間が広いところでは1センチあいていました。


スレート屋根のメンテナンス
また表面には黄カビやコケが発生しており

塗膜も剥離してスレートの素地が露出している部分もあり防水性が低下している状態でした。

塗装をお勧めできる状態ではなくお施主様のおっしゃる通り

カバー工法か葺き替え工事をお勧めできる工事方法でした。
スレート屋根のメンテナンス
全体的にも退色及びカビが発生していました。

特に鮮やかな色で塗装をされているので褪色が分かりやすいです
スレート屋根のメンテナンス
棟板金部分です。
釘の浮きがありました。

釘の浮きがあると台風の際に棟板金が飛ばされてしまう事がよくあります。

万が一塗装工事をされる場合は
棟板金に関しては新しいものに交換する必要があります。
スレート屋根のメンテナンス
全体的にサビも出ています。

塗装工事の場合は棟板金の劣化にも注意をする必要があります。
今回の工事の御提案としては



こちらのどちらかになります。

塗装工事はスレート屋根の劣化状態から言うとお勧めできる状態ではありませんでした。
スレート自体の劣化が進行しており塗装をしてもすぐに剥がれてしまう恐れがあるからです。

重ね葺き工事ではめくる手間と処分する費用がかからないので
葺き替え工事に比べてコストを大幅に下げることが出来ます。

屋根の事でお悩みの方がいましたら

相談だけでも大丈夫です。

街の屋根やさん名古屋東までお問い合わせください


同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

陸屋根 防水 雨漏り

名古屋市名東区で雨漏りの調査をしてきました。屋根の形状は陸屋根でした。※屋根部分がフラットになっているビルの様なイメージです現在雨漏りしており結論としては防水に不具合・劣化があるような状況でした。陸屋根は異常に気が付きにくいデメリットがあり...........

瓦屋根 無料点検

日進市で和風家屋の瓦屋根の無料点検をしてきました。瓦は他の屋根材と比べて塗装等のメンテナンスの必要がありません。しかし瓦に異常がないか定期的な点検は必要となってきます。写真が瓦屋根の様子です。瓦のメンテナンスは漆喰の塗り替えが一般的です。瓦...........

意匠サイディング シーリング工事

名古屋市緑区で意匠サイディングの目地打ち替え工事をしています。意匠サイディングにはクリヤ塗装を行います。ですので既存の目地と同色で目立たないようにシーリングの打ち替え工事をします。