愛知県あま市でカラーベスト屋根の雨漏れ補修工事を行いました


カラーベスト谷
カラーベストひび割れ
愛知県あま市で雨漏れの補修工事を行いました。こちらは、店舗となっていまして、鉄骨の建物で谷の付近から雨漏れしている状況が判明して今回の工事となりました。

調査の結果、屋根面と屋根裏を見せてもらい雨漏れの原因が分かりました。

なぜ雨漏れしていたのか?

こちらの物件では、以前に他の業者さんで屋根に塗装をかけたそうです。

その際に注意しなければいけない事をやっていなかったのが一番の原因だと思われます。

二番目の原因として、カラーベスト自体のひび割れが原因と思われます。

雨漏れ原因!!

えん切り図
では、一番の原因をお答えします!わかりやすく図にしてみました。

カラーベストを塗装する際、必ず「えん切り」と言って水が中に入っても水が抜けれるように隙間を保たなければなりません。

隙間が確保できていないと、二番目の原因であるカラーベストのひび割れた箇所から雨が入り水が抜けず、

カラーベストの裏に溜まってしまい雨漏れを引き起こしていまいます。
≪施工内容≫
  
 ① カラーベストめくり
 ② 傷んでいる野地の交換
 ③ 新しいルーフィングを貼る
 ④ カラーベストの復旧

以上の項目で工事を進めて行きます。
カラーベストめくり
専用の工具を使いカラーベストを途中からめくっていきます。
カラーベストめくり
カラーベストを一枚めくると、下の釘が出てきます。

あとは釘抜き工具を使いカラーベストをめくっていきます。
雨漏れ補修
雨漏れ補修
カラーベストをめくって見ると、雨漏れが原因で野地板もこのように腐っていました

かなり以前から、雨が入っていたと思われます
雨漏れ補修
腐っている野地板をめくった状況です。
雨漏れ補修
新しい野地板を張っていきます。
雨漏れ補修
雨漏れ補修
続いて、野地板を貼り終えたら、新しくルーフィングを貼っていきます。

今回は雨漏れが発生しており、また全体的に劣化が進行して他の箇所からの漏水の心配もあるので

ルーフィングの中でも耐久性の良いライナールーフィングを使用しました。

廻りには防水テープを貼り水が入らないように施工しています。
雨漏れ補修
雨漏れ補修
最後に新しいカラーベストを復旧します。
やはり色が目立ってしまいますが、お客様は屋根の塗装を近々検討されているとの事で、
塗装してしまえば施工箇所もほとんど目立たなくなると思います。

お客様には、水が止まってしまわないように次は、
しっかり「えん切り」をして塗装をお願いいたしますと伝えた所、
次回は必ずやりますと言ってくださりました。(^^)

以上で、カラーベスト屋根の雨漏れ補修でした。
また屋根の事で何かありましたら、お気軽にご相談ください。。。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岡崎市で屋根葺き替え・外壁塗装を行いました

長田邸外観
長田邸
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
外壁塗装
使用素材
屋根:KMEWコロニアルグラッサ
築年数
築25年
建坪
25坪
保証
10年間
工事費用
250万円
施工事例

名古屋市中村区で瓦棒屋根から雨漏れ発生!葺き替え工事を行いました!

瓦棒
縦ひら屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
カラーガルバリウム鋼板 タフクール
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
施工事例

豊田市で屋根葺き替え工事|セキスイかわらUから立平板金屋根

セキスイかわらU
立平板金屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
カラーガルバリウム鋼板
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
約80万円(足場費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

木製サッシからの雨漏り

稲沢市で木製のサッシの隙間から吹き降りの雨の際に雨漏りを引き起こしていました。昔のサッシの為、今あるアルミや樹脂製のサッシと比べて気密性や断熱性は高くありません。木枠とガラスとの間に隙間が空いており吹き降りの雨の際にそこから雨が入っていまし...........

天窓

名古屋市名東区のお客様より以前から屋根の天窓から雨漏りがするので、屋根を診てほしいとご連絡を頂きました。天窓(トップライト)の雨漏りの要因は原因が限られています。今回は、窓枠に使われているゴムパッキンの劣化が雨漏り要因でした。

折半ボルト

以前、名古屋市天白区のプレハブ折半屋根の雨漏り相談を頂きましたので、雨漏り調査に行ってきました。天井や壁には雨シミが残っており、雨水の浸入が確認できました。屋根に登って確認すると、折半を留めているボルト部分が雨漏り箇所の真上部分に当たります...........