あま市で軒先の漆喰を板金で巻きました


軒先の漆喰が落ちてしまっている現場の軒先を、板金で納める現場に行きました。
昔、漆喰は接着剤の役割をしていて、漆喰がダメになると瓦のはがれやずれにつながりましたが、昨今の作業は全て釘や同線等で固定してあるので少なくとも瓦が落ちる事はなくなりました、が、小さな隙間から入り込んで巣を作る雀対策としても漆喰を考える人も少なくありません。
IMG_2975-columns1-overlay
軒先の綺麗にならした面も剥がれて今にも落ちてしまいそうに成って居ます。
昔の事なら早急に手直しするところです。
漆喰の場所にもよりますがヒビ割れが水を吸い込む事も有り、毛細管現象と言います。
毛細管現象とはコップの中にストローが刺さっている時、ストローの中の水面はコップの水面よりも高い時が有ります、隙間は狭ければ狭いほど毛細管現象は強く働きます。
IMG_3043-simple-overlay
毛細管現象を説明している図です。
細い筒のほうが水面が高く、その力は強いのです。
IMG_3018-columns2-overlay
板金で軒面戸が完成しました。
板金でもいつかメンテナンスが必要な時が来ますがどちらが適しているかは環境や状況によります、良く吟味してみてください。
IMG_3019-columns2-overlay
アップで見ると模様も入っていて素敵ですね~。
屋根や壁のトラブルはお任せください。
無料点検致しております。
電話でのお問い合わせは9時~17時まで受け付けています。 0120-969-687 何でもご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........

スレート屋根 雨漏り原因

名古屋市緑区でスレート屋根の雨漏りの調査に行ってきました。室内への雨漏りはまだありませんでしたが、小屋裏の屋根の下地に雨染みが発生しておりいつ室内に雨漏りが起きてもおかしくない状況でした。雨漏りが始まったのは飛び込みで来た業者が台風や地震か...........