外壁の劣化する原因


硬くて丈夫そうな外壁のサイディングやモルタルですが長い月日が経つと表面がボロボロして来たり外壁表面が粉が吹いて居たり(チョーク化と言います)して劣化して来ます。
チョーク化しているだけなら高圧洗浄して外壁塗装工事をすれば元の状態に戻りますがそのままにしておくと雨等浸食します。
23028733-4176-47F6-A406-E9938512BF04-columns1-overlay
劣化の原因として一つは酸性雨があげられます。月日を経て酸性雨が外壁表面に触れ続ける事で浸食して来ます。

87DE0658-BA07-4FE0-9089-4E64ABA9B4DE-simple-overlay
紫外線の影響は思いの外大きくて紫外線が強ければ強いほど外壁のお肌にも影響は有り日陰部分とでは大きな劣化の差が出てきます。
北側の壁と南側の壁を一度見比べてみると劣化の状態が少しわかるめあすに成るかと思います。
ですが北面も時の流れと共に劣化がはじまっていることも忘れないでください。
2052DCF0-80DB-41DE-A4A3-4F4E2D416E2E-simple-overlay
建物に振動や揺れが生じると外壁表面にクラック(ひび割れ)が生じる事が有ります。
地震や台風の後良く外壁を見たらクラックが有ったなど見付けたら早急に補修して下さい、建物は意外と色々な影響で振動しています。人の気付かない振動も有ります。その振動でクラックが伸びる事が有るので大きな補修に成る前に対処しましょう。
きっとその方がお財布にも優しいと思います。
一度じっくり御自宅を見てみて下さい早期発見、早期対処が建物の寿命を伸ばします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟取り直し工事

北名古屋市で去年の台風でずれてしまったS形瓦の棟部分の工事をしました。経年劣化によって下地の劣化が進行しており瓦を固定している釘が浮いていました。釘が下地に効いていない状態の為、一度棟を解体して新たに棟を積み直す工事をしました。

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。