築20年経過の谷板金は要注意|半田市 銅板の穴あき


半田市へ屋根の調査へ行ってきました

お施主様より屋根の漆喰が気になるとの事でした
現状では雨漏りがないとの事でした。

では早速屋根へ上がってみましょう
屋根漆喰 谷板金 劣化
屋根には和形の陶器瓦が使用されていました

瓦自体に浮いている所や、ずれている所、割れている所はありませんでした

こちらの屋根は複合屋根といって
複数の形の屋根が合わさっている屋根でした

こういった複合屋根には谷という部分が存在します
写真の右側真ん中あたりです。

屋根が谷の様な構造となっており雨樋の様な排水機能を持った場所です。

谷部分を確認してみましょう。
屋根漆喰 谷板金 劣化
こちらが谷部分です。

築年数が経過しているお家では
この谷部分に銅板が使用されており
20年以上経過していると酸性雨等の影響によって
穴があいてしまう場合があります

この谷部分は雨水が集中する場所なので
谷板金の劣化が進行して雨漏れが発生しやすい
場所でもあります。
屋根漆喰 谷板金 劣化
谷板金の拡大写真です。

やはり銅板が使用されていました。
こちらの家は築28年でしたので
銅板には穴があいていました

現状では雨漏りが発生していませんでしたが
雨染み等が出ていないだけで家屋に
浸入している可能性が非常に高いです。

早急な交換が必要なのでお客様にお伝えしました
屋根漆喰 谷板金 劣化
こちらは鬼瓦の漆喰です。

紫外線や風雨等の影響によって
漆喰の劣化が進行しています。

屋根漆喰 谷板金 劣化
棟下の漆喰です。

こちらは部分的に漆喰の剥離が進行して
葺き土が露出しています。

谷板金について
   まず谷部分周辺の瓦をめくって既存の谷板金を取り出します。
 掃除と新しく防水シートを張ってステンレス製の谷板金を設置します。
 最後にめくった瓦を復旧して瓦がズレ無いように固定します。

鬼瓦漆喰について
 既存の漆喰を撤去して綺麗にします。
 瓦用のコーキングで隙間に充填します。
 ヘラでならして完了です。

棟下漆喰について
 既存の漆喰を撤去して綺麗にします。
 コテを使用して漆喰を塗り上げます。
 表面を整えて完了です。


メンテナンス方法に関して簡単に説明させて頂きました。
言葉では簡単ですが実際にやってみるとかなりの労力と技術を要します。
屋根の工事はそれなりの手間がかかるので金額もかかります。

安いだけの見積りですと既存の漆喰を撤去しずに上から塗ってしまう業者もいます。
仕上がりは綺麗ですが数年経つと剥がれてきたり等の不具合が発生します

屋根の事は専門のプロにお任せください。
何かお困りごとがあれば

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外壁塗装工事 アフター点検

名古屋市西区で外壁塗装工事をして1年が経過した家にアフター点検をしに行ってきました。外壁はサイディングでフッソ塗料にて外壁塗装工事をしました。フッ素塗料ですと耐久年数としては15~18年位です。よっぽど問題はないのですが、念の為にという事と...........

S瓦 棟瓦 点検

日進市で屋根の工事が始まりました。屋根の棟部分の工事なのですが本日は以前点検に伺った際の様子をお伝えしていきます。今は台風シーズンに入っており台風が今週末にも近づいてきています。大きな被害を出さない為にも早めの対策をしていきましょう。

平板瓦 イーグル40

名古屋市緑区で築15年のお家の屋根をみてきました。今後、雨漏りをしては困るからという事でご依頼を頂きました。屋根には平板瓦が葺かれていました。基本的に平板瓦(陶器瓦)は他の屋根材(スレート屋根など)と比べて塗装といったメンテナンスは必要あり...........