半田市の屋根に上がってきました|和形瓦


愛知県の半田市へ屋根の調査に行ってきました
お客様より屋根の漆喰の劣化が気になるとの事でした。

飛び込みの業者さんもよく訪ねてくるとの事で不安になられたそうです

ではさっそく屋根へ上がってみましょう
和形瓦 漆喰 谷板金劣化
屋根には和形の瓦が使用されていました。
目視による点検も行いましたが浮きやズレ、瓦に割れ等はありませんでした


和形瓦 漆喰 谷板金劣化
次に瓦をめくって下地を確認しました。

土を使って葺く土葺きの工法でした。
雨水の侵入によって土が流されているという事もなく
問題はありませんでした
和形瓦 漆喰 谷板金劣化
棟瓦の下の漆喰を確認しました。

25年以上メンテナンスをされていないという事で
漆喰に所々剥離が見られました。


和形瓦 漆喰 谷板金劣化
鬼瓦の漆喰です。

こちらも漆喰の剥離が進行しています。
和形瓦 漆喰 谷板金劣化
瓦の上に剥がれた漆喰が落ちていました。

大きさにもよりますが雨樋の詰まりの原因とも
なりますので注意が必要です
和形瓦 漆喰 谷板金劣化
こちらは複合屋根といいます。複数の屋根の形が合わさった屋根の事をいいます。

この複合屋根には谷という部分が存在します。
赤い丸で囲ってある所で瓦の向きが変わると谷が出来ます。
谷樋板金とも呼ばれ排水【雨樋】の役割を持った部分です


和形瓦 漆喰 谷板金劣化
築年数が20年以上経過している家では
この谷部分に銅板が使われていることが多いです。

銅は緑青(緑色の錆)によって
本体を守ってくれているのですが
瓦から水がポタポタと落ちる場所には
緑青がつきにくく銅の部分が剥き出しとなっています。

和形瓦 漆喰 谷板金劣化
そうしてポタポタと長い間
水が当たっていると・・・・・・

上の様に穴があいてしまいます

この銅製の谷は20年以上経過していると
穴があいてくる可能性が非常に高いです
今回屋根の調査をしてみて

屋根瓦自体には浮きやズレ、割れ等はなく問題はありませんでした。
しかし棟下や鬼瓦の漆喰に剥がれがあり、葺き土が露出している箇所がありました。
また谷部分の銅板に穴があいていましたので漆喰と谷板金のメンテナンスをお勧め致します

漆喰の補修は既存の漆喰を撤去してから新しく塗り直します。
上から重ね塗りしてしまうと既存の漆喰から剥がれてきたり、塗り重ねた分、紫外線や風雨の影響を受けやすくなり劣化の進行を早めてしまう恐れがあります。

谷板金ですが、こちらは周囲の瓦をめくって既存の銅板を取り出して交換をします。
その際に銅板から次はステンレス製の谷へと交換します。
サビにも強く銅より耐久性が高いので、最近ではステンレス製の物が主流となっています。


屋根の状態は普段見えにくく状態が把握しづらいです。
もし今の家の状態が気になる方は診断・お見積りまで無料でおこないますので

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........