名古屋市東区でシート防水からの雨漏り現場をみてきました。


名古屋市東区で雨漏りの現場へ調査に行ってきました。

現場は外壁がALCの3階建てで陸屋根(屋上がビルの様にフラットになっている)でした。

3年前に塗装工事をされたそうでした。外壁は艶が残っておりALCの目地も切れているところはなさそうでした。

そうなると屋上が怪しいという事で屋上へと上がって防水の状態を見てきました。


シート防水 劣化 切れ
こちらが屋上の防水の様子です

シート防水が使用されていました。

近くによって見てみます
シート防水 劣化 切れ
シート防水 劣化 切れ
シート防水 劣化 切れ
シート防水 劣化 切れ
全体的にシート防水が切れています。

塗装工事をされた時は防水工事はしていないそうで前回防水工事をされてから

10年以上は経過しているとの事でした。

これだけシートが切れていると通常の雨でも雨水が侵入していきます。

シート防水は暑いときに膨張して伸びて寒いときに縮んで短くなります。

この膨張収縮の繰り返しによって張り合わせの部分から切れることがあります。

施工時にある程度余裕を持たせて張ることで、膨張収縮があった際に対応できるようになります。

前回の施工年数から考えて経年的な劣化が強いと思われます。


全体的にシート防水が切れているので全体から雨が侵入する可能性が考えられます。

今は1箇所からの雨漏りですが、雨漏り箇所が今後増えていく可能性が高いです。

ですので早急的な工事が必要となります。


工事方法は新たに防水層をつくってあげる必要があります。

今ある防水を撤去するのが一番いいのですが予算や工事方法によっては今ある防水を部分的に撤去して

再防水を掛けることも出来ます。


雨漏りや防水工事でお悩みの方は是非一度ご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根漆喰

名古屋市千種区で瓦屋根と漆喰の点検をしてきました。瓦には漆喰が使われていることが多いです。(最近では乾式工法で漆喰を使わない工法もあります)年数の経過と共に漆喰にひび割れや剥がれが起きます。そうすると屋根の歪みや最悪の場合、雨漏りに繋がって...........

波トタン塗装工事

名古屋市緑区おこなっていました波トタンの外壁塗装工事が完了しました。所々にサビや色あせもありお施主様が気にされていました。先日養生まで完了をしたのでその続きの塗装工事を進めていきました。波トタンがとても綺麗になりお施主様にも喜んでもらえまし...........

波トタンの塗装工事

名古屋市緑区で波トタンの塗装工事がはじまります。塗装といっても様々な作業があるのですが、本日は養生作業をしていきます。適切で確実な養生をする事で仕上がりにも影響します。また作業の効率もあがるので養生は塗装工事において、とても重要な作業の一つ...........