棟板金の飛散|東区


今回は名古屋市東区で屋根の現地調査を行ってきました。

ご依頼の内容は前回の台風により棟板金が飛散してしまったという内容でした。

棟板金とは屋根の頂上に「棟」と呼ばれる部位があり
スレート屋根はこの場所に板金で施工してあります。

何故飛んでしまうのか・・・

板金は下地の木に釘で止められています。
年数が経ってくるとその釘が弱まったり
下地の木が劣化し腐食してきます。

木が腐ることにより当然釘の力が弱まり
台風等強い雨風の時に飛んでしまう可能性があります。

飛散だけで済めばいいのですが下に車や人がいたら
大きな事故に繋がってしまいますのでしっかりと直しましょう!!
台風被害 棟板金
台風被害 棟板金
早速屋根に上がって見てみるとこの様な状態でした。

この木に板金を止めてあります。
触ってみるとボロボロとしておりかなり腐食が進んでいました。

この様な場合同じところに板金を止めてもまた同じ結果になってしまいますので
下地から交換する必要があります。

今は人工木という樹脂製のものでの施工か主流になっています。
台風被害 棟板金
台風被害 棟板金
すぐには工事に取り掛かれない為
雨漏りしないよう防水テープで養生をしてきました。

屋根材の下にはルーフィングという防水シートが貼ってあるので
すぐに雨が侵入してくる事はありませんがルーフィングも
永久ものではありません。

応急処置ですがしっかりと張ってきました。

今年の台風はとても被害が多くすぐに
現地調査・工事が行えない場合がありますが
お困りの方は街の屋根やさん名古屋東店にご連絡ください。

屋根・外壁塗装のご依頼もお待ちしております!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

折半屋根の塗装工事

北名古屋市で現地調査をしてきました。近日中に塗装工事を行うので現場確認も兼ねていってきました。上の写真が今度塗装を行う場所です屋根にも種類が沢山あります。その中でも今回は金属屋根の塗装工事です金属屋根といってもこれまた沢山の種類があります折...........

目地 シーリング

塗装する際にただ塗料を塗ればいいだけだと思っていませんか??塗り替えれば確かに見た目は綺麗になります。ですが悪い所をそのままにしておいても勝手には直らず悪いままです。今回はその中でもサイディングの繋ぎ目の部位目地補修工事の様子をお伝えします...........

かわらU 葺き替え

皆様、かわらUという商品を知っていますか???40年前登場した屋根材でその当時とても人気な商品でした。ですが完全無石綿化(ノンアスベスト)された1991年以以降、塗膜が剥がれやすい等の問題が起こってしまいました。