稲沢市で木製サッシの隙間からの雨漏り補修工事をしてきました。


稲沢市で木製のサッシの隙間から吹き降りの雨の際に雨漏りを引き起こしていました。

昔のサッシの為、今あるアルミや樹脂製のサッシと比べて気密性や断熱性は高くありません。
木枠とガラスとの間に隙間が空いており吹き降りの雨の際にそこから雨が入っていました。

サッシの交換が一番良いのですが、予算などを考慮してシーリングによる補修工事に決まりました。
木製サッシからの雨漏り
こちらが実際の写真です。
赤い点線の上です。木枠とガラスの間に隙間が空いています。
当時は隙間が空いていなかったのですが、経年劣化等によって隙間が空いています。

通常の雨なら問題ないのですが吹き降りの雨の際には浸水の恐れがあります。

今回は木枠とガラスとの取り合い部分にシーリングを使用して隙間を埋めていきます。

浸水を防ぐ方法としては一番安価でお手軽な方法です。
木製サッシからの雨漏り
シーリング材を打ち込む場所にマスキングテープを使用して養生を行います。

養生を行わないと仕上がりに影響をしてきますので注意が必要となります。

その後に接着剤の役割を持つプライマーを塗布してシーリングを打ち込みます。

木製サッシからの雨漏り
木製サッシからの雨漏り
今回は工事箇所がなるべく目立たないように透明なシーリングを使用しました。

これで隙間が無くなりました。
これから台風が発生してきます。
特に9月頃より台風シーズンに入り暴風雨が予想されます。

台風が来ないのがもちろんですが万が一来た際に早めの対策をしておくことで無駄な出費を抑えることが出来ます。


お家の事でお悩みの事がありましたら
街の屋根やさん名古屋東店までご相談ください!


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岡崎市で屋根葺き替え・外壁塗装を行いました

長田邸外観
長田邸
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
外壁塗装
使用素材
屋根:KMEWコロニアルグラッサ
築年数
築25年
建坪
25坪
保証
10年間
工事費用
250万円
施工事例

名古屋市中村区で瓦棒屋根から雨漏れ発生!葺き替え工事を行いました!

瓦棒
縦ひら屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
カラーガルバリウム鋼板 タフクール
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
施工事例

豊田市で屋根葺き替え工事|セキスイかわらUから立平板金屋根

セキスイかわらU
立平板金屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
カラーガルバリウム鋼板
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
約80万円(足場費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓

名古屋市名東区のお客様より以前から屋根の天窓から雨漏りがするので、屋根を診てほしいとご連絡を頂きました。天窓(トップライト)の雨漏りの要因は原因が限られています。今回は、窓枠に使われているゴムパッキンの劣化が雨漏り要因でした。

折半ボルト

以前、名古屋市天白区のプレハブ折半屋根の雨漏り相談を頂きましたので、雨漏り調査に行ってきました。天井や壁には雨シミが残っており、雨水の浸入が確認できました。屋根に登って確認すると、折半を留めているボルト部分が雨漏り箇所の真上部分に当たります...........

陸屋根

守山区のお客様より雨漏りのお問い合わせを頂きました。建物は3階建ての鉄筋コンクリート造りで陸屋根構造です。雨漏り箇所は、3階のお部屋の壁と天井の一部です。屋上はウレタン防水が施工されていました。早速、屋上に上って調査を行ってきました。