刈谷市で屋上とバルコニーの防水点検に行ってきました


アスファルト防水劣化
今回刈谷市で屋上とバルコニーの防水点検です。現状はアスファルト防水が施工されていました。しかし年数がだいぶ経っておりリフォームらしいことはされていないとの事でした。
アスファルト防水劣化
防水施工の際に取り付けた脱気筒です。これは防水下に雨水が入ってしまったときの蒸気抜きの役割をします。脱気筒がない場合は防水層が膨れたり切れたりすることがあります。
アスファルト防水劣化
アスファルト防水は何層かで施工されていますが表面に見える下地継ぎ目部分がひび割れています。広い防水面なのでこのような継ぎ目となる箇所が多くありましたが母豚どの部分でこのような状態が見られました。
アスファルト防水劣化
防水表面の拡大です。アスファルト防水層が劣化によってひび割れ、盛り上がった形になっています。雨水はこういった個所から浸みていきます。
アスファルト防水劣化
こちらは排水口に向かう一段下がった部分です。立上がりなどの平らではない形状の個所はやはり劣化を起こし易い部分です。先ほどの継ぎ目のひび割れより大きく割れています。
アスファルト防水劣化
立上り部分の防水層割れです。表面がやや持ち上がっています。雨水が入り込むポケットのような状態になっているので修繕が必要です。アスファルト防水は層が厚めなので変形してしまうと元に戻らず、部分補修もあまりお勧めできません。
アスファルト防水劣化
立上がり部分の笠木にあたるところです。防水下地を留めるアルミアングルがありますが、その上のコーキングが破断しています。やはりこの状態では上から流れる雨水が破断部分から浸みていきます。
アスファルト防水劣化
このようなアルミアングルは四方に施工されていますがすべてのコーキングが破断したり取れてしまっていました。
アスファルト防水は防水工事の中でも上位の防水にあたる施工です。部分補修においても今回は箇所が多く、やはり防水工事の施工し直しが必要と思われます。不具合のある個所を一つ残らず除去・補修して新規に防水工事を行います。一口に防水工事と言ってもたくさんの工法があります。責任施工の為、保証も出る工事です。このような陸屋根の建物にはいずれかの防水施工がされていますが外壁塗装などとはまた違った知識が必要です。雨の多い時期ですが防水工事をご検討中の方、お悩みの方は是非一度当社へご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

陸屋根/ウレタン防水施工/雨漏り/千種区

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス DSカラーゼロ
築年数
築35年
建坪
15坪
保証
10年間
工事費用
90万円
施工事例

昭和区でバルコニー防水|長尺シート張替え工事

バルコニー長尺シート
バルコニー長尺シート
工事内容
防水工事
使用素材
【タキロン】タキストロンLB
築年数
30年以上
建坪
60㎡
保証
10年保証
工事費用
70万円 長尺シート・ウレタン防水工事含
施工事例

大府市で屋上アスファルト防水工事を行いました

施工前
アストップコート施工後
工事内容
防水工事
使用素材
アスファルトタフネスシート、専用シーリング材他
築年数
25年
建坪
保証
10年(メーカー・工事会社)
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塩ビシート防水

名古屋市千種区で経年劣化が進んだベランダの塩ビシート防水工事をしました。外壁塗装工事をした際にベランダの防水工事も一緒に行いました。防水は防水の種類や立地、環境によりますが大体15年位でメンテナンスの時期が来ます。ベランダの下に部屋がある場...........

ウレタン防水

名古屋市中川区でバルコニーの防水改修工事をしてきました。バルコニーや陸屋根には防水が施されています。築10年を経過したら防水のメンテナンスが必要になってくるかもしれません。今回はウレタン防水にて工事をおこないました。

防水 FRP防水

今回は名古屋市西区でベランダ防水の点検を行ってきました。防水にもFRP防水やウレタン防水、アスファルト防水、シート防水・・・等、色々な種類があり既存の防水やその場所の使い方によって次に施工する防水も変わってきます。ですのでまずは今施工してあ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687