経年劣化したベランダFRP防水の再防水工事を春日井市でしています


経年劣化したベランダFRP防水の再防水工事を春日井市でしています。

FRP防水は戸建て住宅で多く用いられる防水の種類です。
耐用年数としては立地や環境にもよりますが、10~15年位といわれています。

定期的に表面に塗ってあるトップコートを塗り替えることで、より長く持たせることが出来ます。

ベランダFRP防水工事
今回施工したベランダの施工前の様子です。

FRP防水(強化繊維プラスチック)です。

FRP樹脂とガラスマットで防水層を作る工法となります。

特徴としては軽くて強度があり、摩耗性に強いです。

デメリットとしては
紫外線に長時間当たると劣化していきます。また広い面積のベランダには向いていません。

紫外線に関してはどの防水も紫外線によって劣化はしていきます。
FRP防水は伸縮性が無いので地震や強風などの影響を受けやすく動きの大きい広い面積には向いていません。

しかし一般的な戸建て住宅のベランダでしたら特に問題ないと思います。


では工事に様子をお伝えしていきます
ベランダFRP防水工事
まずは既存防水との密着性を高める為に
接着剤の役割を持つプライマーを塗布します。

ベランダFRP防水工事
次にガラスマットを敷いていきます。

ベランダFRP防水工事
ガラスマットを敷いていったら
樹脂を流していきます。

ベランダFRP防水工事
少しずつガラスマットを敷いて樹脂を流します。


ベランダFRP防水工事
ローラーを使用して樹脂を伸ばしていきます。

その際に空気が入り込まない様に空気を抜きながら作業を行います。


ベランダFRP防水工事
最後に全体に樹脂を流していきます。
防水では工程間の乾燥時間を重要視します。

乾いていないまま、次の工程へと移ると
硬化不良などの不具合に繋がるので注意が必要です。
ベランダFRP防水工事
最後に防水層を保護する保護塗料(トップコート)を塗布します。


ベランダFRP防水工事
FRP防水の完了です。

今回のベランダは12㎡程の面積でした。
作業日数は2日です。

家にベランダがある場合は防水のメンテナンスもしなければなりません。

FRP防水やウレタン防水、シート防水など様々な防水がありますが


築10年や前回の施工から10年以上経過している場合はメンテナンスが必要かもしれません。

そんな時は一度街の屋根やさんにご相談ください!


調査見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_8001

今回は名古屋市南区で雨漏りがしているので見て欲しいというご依頼を頂き、お伺いさせて頂きました。通常の雨では雨漏りはなく台風等、雨量が多い時に雨漏りしてしまうとお伺いしました。普段雨漏りしていなくても横殴りの雨や雨量が多いと雨漏りしてしまうと...........

雀口漆喰 面戸板金

尾張旭市で劣化して剥離した雀口の漆喰の代わりに面戸板金を取付けています。屋根に瓦が使用されている場合は軒先部分に漆喰が使用されていることがあります。年数の経過と共に漆喰が剥離して剥がれ落ち隙間が空いてしまうと雀や小さな動物や虫が入り込んでし...........

ラップサイディング調外壁 シーリング工事

名古屋市北区でシーリング工事をしました。外壁はラップサイディング調の外壁が使用されていました。ラップサイディングとは鎧張りとも言いますが、一枚の板を鎧の様に下から張り上げていく事をいいます。欧米や日本の古くから使用されています。日本では【鎧...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687