スレート屋根に棟が積んである家の補修工事|春日井市


スレート屋根 棟取り直し
春日井市でスレート屋根の棟部分に瓦が積んである家の補修工事をしました。

スレート屋根の棟部分に多いのが棟板金を使った施工方法が一般的です。
今回は今ではあまりみかけなくなった棟部分に陶器製の瓦を使用した棟の積み方をしている家の
補修工事をしてきましたのでお伝えをしていきます。

写真が実際の現場の様子です
スレート屋根に瓦が使われており今ではあまりみかけないので違和感を感じるかもしれません。
しかし当時は格式を高めたりデザイン性を高めたりするために棟部分に瓦を使用したと聞きます
※諸説あります


今回は台風によって瓦部分がずれてしまったので
瓦から棟板金に交換をする工事をしました。
スレート屋根 棟取り直し
こちらが台風被害の写真です

瓦がずれて棟が崩れています。
中の土が露出しているので雨水を吸い込み雨漏れの原因になる可能性があります。

屋根の重さも考えて瓦から棟板金に変更することにしました。
スレート屋根 棟取り直し
まずは棟部分に積んである瓦を解体していきます。

瓦も一枚一枚はそうでもないですが枚数が増えるとかなりの重さになります。

解体した瓦の荷下ろしがとても大変です
スレート屋根 棟取り直し
少しづつ解体をしていきます
スレート屋根 棟取り直し
瓦を撤去すると葺き土が見えます。

粘りは無くさらさらしているので
取り除くのがとても大変です
スレート屋根 棟取り直し
大きな土を取った後に
細かな砂の様な土も綺麗にしていきます
スレート屋根 棟取り直し
ほうきを使ってさらに綺麗にしていきます。

手間ですがしっかりと掃除をしておかないと
風が吹いた際にご近隣に飛散をしてしまうので可能な限り綺麗にします。

本日の作業はここまで!

次回は棟板金を取り付けていく工程をお伝えします

屋根の事なら街の屋根やさん名古屋東までお問い合わせください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟積み直し工事

清須市で雨漏りを直すために棟の積み直し工事をしています。先日、屋根の点検をして小屋裏のチェックと散水試験をした結果、棟部分からの雨漏りと分かりました。棟下部分の漆喰を塗り直しただけでは雨漏りを直す事にはならないので今回の工事では棟の積み直し...........

棟積み直し工事

清須市で瓦屋根の棟部分から雨漏りを引き起こしていた家の棟積み直し工事をしています。棟積み直し工事とは今ある棟を一度解体をして再び瓦を積み直すという工事です。

棟取り直し工事 モニエース

名古屋市中区で屋根の工事をしてきました。屋根には上の様な粘土瓦が使用されていました。こちらの瓦は『モニエース』といい、粘土瓦業界では初めてのふた山タイプ(波型形状)です。今までの和風形状とは違い洋風に見え、またカラーバリエーションもたくさん...........