オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

春日井市で屋根点検に行ってきました


セメント瓦
今回の建物の屋根点検は「セメント瓦」です。乾式コンクリート瓦とも言い、現在は生産されていません。輸入建築の戸建てにも多く使用されています。新築当初は塗装もされており、重厚かつモダンな風合いの屋根です。しかし年月が経つと塗装が劣化し、カビやコケが付着していき、材質も塗膜が劣化してくるので不具合が起こりやすくなります。予備の瓦がない場合、ひび割れたり、欠けたりしてしまっても差し替えができません。

今回の屋根点検を見ていきましょう

セメント瓦
瓦の表面です。割れなどもなくきれいに葺いてありました。しかし褪色がだいぶ進行しており、表面はかなりのカビでざらざらしていました。
セメント瓦
屋根の袖部分にあたるけらばは板金で施工してありました。破風板も板金まきで仕上げてあります。この屋根材の施工は釘打ちで留めてあるのでけらば部分の釘浮きなどがあると瓦がズレたり最悪落下する可能性もあります。このように板金でカバーしてあれば安心です。
セメント瓦
屋根材に汚れのようなものが見えますが、これは黄カビが発生しているためです。カラーベストの屋根でも同じような現象が起こりますね。屋根に直接害をなすわけではありませんが美観を大きく損ないます。
セメント瓦
点検の際にはこのように顕微鏡も使って塗膜チェックもします。状態によって行う施工も変わってくるからです。
今回の点検から提案する工事は塗装工事になりました。不具合があったときに在庫を探すのが困難であったり、重量があったりとあまりよくないように聞こえますがもともと丈夫な屋根材です。大切にメンテナンスしてあげればちゃんと使える屋根材です。このセメント瓦には通常の屋根を塗装するペンキより、専用の塗料もあるのでそちらを用いたほうが良いと思います。カラーベストの塗装などは通常下塗り・中塗り・上塗りの3工程が基本ですが、セメント瓦の場合は工程が増えることがあります。これは材料が塗料をとても吸い込んでしまうためです。せっかく塗っても吸い込んでしまって表面に下塗り材があまり効いていない状態で上塗りしてもうまく密着しないで不具合を起こしてしまう可能性があります。その為、しっかり診断して塗装回数(工程)を通常より増やして施工する事も必要になります。セメント瓦の塗装や屋根工事をお考えの方は一度「街の屋根やさん名古屋東店」にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

鉄骨ベランダの塗装

名東区で錆びて劣化した鉄骨ベランダの塗装工事をしました。鉄部は塗膜が劣化してくると錆が発生してきます。その錆を放置すると腐食して穴があいてしまう事があります。そうなってしまうと塗装では直すことが出来ないので錆が出たら早めに塗装をしておきまし...........

雨漏り補修 内装工事

名古屋市守山区で雨漏りをして傷んだ内装のクロス張替工事をしました。雨漏りは室内に何か異常があったときに気が付くことが多いです。例えば天井や壁のクロスに雨染みが出来たなど。その様な場合は雨漏りの補修もそうですが内装の直しも必要となります。今回...........

雨樋の詰まり

北名古屋市で雨漏りの点検をしました。雨漏りの原因を調査した結果、雨樋の詰まりによるものだと判明しました。家の周囲に高い木々がある場合は枯れ葉などによって雨樋の詰まりを引き起こす場合があります。その場合は定期的な雨樋の掃除が必要です。今回の雨...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687