名古屋市北区で下地腐食によりズレた棟の工事が完了しました。


名古屋市北区で経年劣化によって下地が腐食して棟瓦がズレていました。
ずれた瓦の隙間からの雨漏りもそうですが、台風や強風で瓦がずれて下へ落ちてしまうと大変危険です。

台風シーズンに入る前にという事で工事をすることになりました。

前回は棟瓦の取り外しを行いました。

今回はその続きからとなります。

平板瓦 棟取り直し工事
棟瓦を取り外した状態です。

棟木という瓦を釘で固定する為の下地です。
経年劣化や浮いた釘の隙間からの雨の侵入によって部分的に木材が腐食していました。
平板瓦 棟取り直し工事
釘の打ってあった場所は割れており
更に腐食もある為、釘がほとんど効いていない状態でした。

平板瓦 棟取り直し工事
今回の工事ではこの下地も交換をします。

交換をする際には通常の木材ではなく
人工木という樹脂で出来た下地材を使用します。

樹脂で出来ている為、腐食する事がありません。
平板瓦 棟取り直し工事
棟木の取付が終わりましたら
なんばん漆喰という耐水性のある
漆喰を盛っていきます。

白と黒があります。
瓦の色に合わせて今回は黒を使用しました。
平板瓦 棟取り直し工事
最後に瓦を復旧して完了です。

瓦を固定する際には止水性のあるパッキン付きビスで固定をしていきます。
ビスよりも固定力があるのでこちらを使用して棟瓦を復旧しました。


平板瓦は焼き物なので他の屋根材と比べて塗装というメンテナンスは必要ありません。
しかし棟部分のメンテナンスは必要となるので

築10年を経過したら異常がないかを調べてみると良いと思います。

街の屋根やさん名古屋東店では無料で点検見積もりをしております。

もし屋根の事でお悩みでしたら街の屋根やさん名古屋東店までお問い合わせください

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S瓦 棟取り直し工事

日進市で台風に備えた棟瓦の取り直し工事が始まりました。週末には台風19号が接近しております。大きな被害を出さない為にも早めの対策が重要となります。台風による強風で飛ばされてしまった瓦が隣家や通行人に当たってしまうととても危険です。起きてしま...........

平板瓦 棟取り直し工事

名古屋市北区で平板瓦の棟取り直し工事をしました。経年劣化により棟瓦の下地木材が腐食して棟瓦にズレが発生していました。ですので一度棟を解体して下地を補修した後に瓦を復旧する棟取り直し工事をする事になりました。

棟取り直し工事

北名古屋市で去年、台風被害に遭った家の補修工事をしています。こちらのお客様ですが他の業者さんで工事を依頼していたのですが連絡が全くつかなくなってしまい、弊社へ依頼がありました。屋根の事がわからない業者は下請けに丸投げにしているので工事が忙し...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687