スレート屋根の雨漏れ事例|北名古屋市

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

北名古屋市のスレート屋根の雨漏れ事例の紹介です。

弊社にお問い合わせがありました。

数年前に他社で塗装工事をされたそうですが、ここ最近になって雨漏れが発生したそうです。

塗装をする前は雨漏れは一切なかったそうです。

塗装をされた業者に連絡はしたそうですが、全く相手にしてもらえず

どこに頼んでいいか分からず弊社に問い合わせがありました


雨漏れが起きているという事でさっそく見に行ってきました。
スレート屋根の雨漏れ
スレート屋根の雨漏れ
こちらが小屋裏の状態です

屋根の裏側の野地板に雨染みが確認できました。

長雨が続くと室内にポタポタと垂れてくるそうです。


スレート屋根の雨漏れ
こちらが屋根の状態です

塗装がされて艶も残っており塗膜の状態は問題なさそうでした

またスレート屋根自体に浮きやズレ、割れているという箇所も見られませんでした

スレート屋根の雨漏れは原因を特定するのが正直難しいです・・・。
スレート屋根の雨漏れ
スレート屋根の雨漏れ
今回屋根の調査をして雨漏れの原因と考えられる箇所を見つけました

それはまず左の写真の部分です
これはスレート屋根の重なり部分です。
スレート屋根は半分ほど重ねながら屋根を葺いていきます。

その重なり部分が塗料で埋まってしまっています。

こうなると雨水や結露がスレートの内部に発生・侵入した時に逃げ道が無くなってしまいます
そうなると小屋裏側へと雨水が回ってしまい雨漏れの原因となります。


右の写真は屋根の頂点の棟という部分です。
この部分も隙間が埋まってしまっています。

こちらは故意にコーキング材で埋めてあります。

屋根は水の動きを考えないと雨漏れを引き起こしやすくしてしまいます。

今回は雨水の逃げ道を塞いでしまった事が原因と考えられます


次回、散水試験にて原因の特定をしてみたいと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風被害

今回の台風はとても被害が多く多くの屋根が被害にあってしまいました。棟の板金の飛散、瓦の飛散、酷い所では屋根の下地から飛んでしまったという家もありました。その中でも今回はスレート屋根の棟板金が飛んでしまったというご依頼を頂き名古屋市昭和区に行...........

スレート屋根の雨漏れ

名古屋市港区での雨漏れ事例の紹介ですスレート屋根が使われており築年数は20年以上という事でした。雨漏れが発覚したのはつい最近のことで室内に雨漏れが無いので気がつかなかったそうです。スレート屋根の雨漏れの原因を特定するのは正直かなり難しいです...........

棟板金 台風被害 

名古屋市名東区で棟板金の交換工事を行ってきました。先日も台風がありまた、台風が近づいてきています。去年の台風被害で一番多く頂いたお問い合わせは棟板金の飛散です。屋根の頂上には棟と呼ばれる部位があります。スレート屋根の場合その棟には板金が被せ...........