オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の谷板金を銅板からステンレス製へ交換しました。清須市の屋根工事


清須市の屋根工事の現場です。
屋根の谷板金を現状の銅板からステンレス製へと交換をしました。

銅製の谷板金は酸性雨などの影響によって早いところでは20年程度経過してくると穴があくことがあります。

そうすると雨水が谷の内部へと浸水して雨漏りの原因となってしまいます。
谷が存在する家は銅板の劣化にも注意が必要です。

銅板が使用されている場合は程度にもよりますが交換が必要となります。
谷板金の穴あき 谷交換
こちらが穴の開いた銅板です。

瓦から垂れる雫部分に穴があきます。
築20~25年のお家は銅板の劣化、穴あきの心配があります。

谷がある場合は下に部屋があるので雨漏りの原因となります。

雨漏りが起きてからでは遅いのですが、なかなか屋根の異常に気が付くことは難しいのが現状です。
谷板金の穴あき 谷交換
谷部分はこの様になっています。

屋根の2方向から雨が集まるので
穴があいてしまうと大変なことになります。
谷板金の穴あき 谷交換
この様に瓦からの雫が垂れてきます。

雫が落ちる場所が変色しているのが分かります。
長い年月によってこの部分に穴があきます。
谷板金の穴あき 谷交換
1センチほどの穴があいていました。

この現場では合計で8か所ほどあながあいていました。
谷板金の穴あき 谷交換
谷板金の穴あき 谷交換
谷板金の穴あき 谷交換
谷部分の板金の交換の仕方ですが、

①周辺の瓦をめくる
②古い銅製の谷板金を撤去する
③防水シートを敷く
④ステンレス製の谷板金を取付け
⑤シーリング補修(防水処理)をする
⑥瓦の復旧


この様な流れとなります。

工事は1日で完了します。

昔は銅製の谷が多かったのですがより高耐久でさびにくいステンレス製の谷を最近は使用します。

谷板金の穴あき 谷交換
谷板金の穴あき 谷交換
最後に瓦を復旧して完了です。

谷は雨漏りを引き起こしやすい場所でもあります。
雨漏りが起きてからですと下地の交換が必要になったり
また雨染みの発生した天井や壁紙といった内装工事が必要になってきます。

必要以上に費用が掛かってしまうので出来るだけ雨漏りが起きる前にメンテナンスをしていきましょう。


谷という部分が家にある場合は一度劣化状況を点検してみてはいかがでしょうか?


そんな時は街の屋根やさんにご相談ください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岡崎市で屋根葺き替え・外壁塗装を行いました

長田邸外観
長田邸
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
外壁塗装
使用素材
屋根:KMEWコロニアルグラッサ
築年数
築25年
建坪
25坪
保証
10年間
工事費用
250万円
施工事例

名古屋市中村区で瓦棒屋根から雨漏れ発生!葺き替え工事を行いました!

瓦棒
縦ひら屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
カラーガルバリウム鋼板 タフクール
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
施工事例

豊田市で屋根葺き替え工事|セキスイかわらUから立平板金屋根

セキスイかわらU
立平板金屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
カラーガルバリウム鋼板
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
約80万円(足場費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り点検 箱樋の雨漏り

名古屋市守山区で瓦屋根の雨漏り点検に行ってきました。小屋裏には大きな雨染みが確認出来ました。大雨と長雨の際に雨漏りが起こるそうです。ある一定の条件の時にしか起こらない雨漏りもあるので、雨漏りがある場合は雨の降り方を確認してみてください。確認...........

雨樋の応急処置

北名古屋市で交換が必要な雨樋の応急処置をしてきました。先日雨樋の詰まりの点検に行ってきたのですが、雨樋の詰まりは解消しましたが継手部分から雨水が漏れていました。近いうちに雨樋の交換をする予定なのですが、それまでの応急処置をしてきました。

雨樋の詰まり 補修

北名古屋市で雨樋からの雨漏りがあるとの連絡を頂きました。実際に見に行ってみると原因は集水器の詰まりによるものでした。その場で詰まりの解消をする事が出来ました。雨樋の詰まりの補修も街の屋根やさん名古屋東店にお任せください!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687