スレートの褪色・釘浮き・コケやカビ|小牧市


スレート 現地調査 褪色
スレート 現地調査 塗膜の剥離
小牧市でスレート屋根の点検を行ってきました

早速屋根に上がってみると全体的に褪色が進行し一部塗膜が剥離している部分もありました

スレートの屋根材自体は防水機能はなくどんどん水を含んでしまいます・・・
含んで乾いてを繰り返すし伸び縮みすることでスレートの反りや浮きに繋がっていってしまいます

ですので塗膜が剥離する前に塗装でのメンテナンスをお勧めします
スレート 現地調査 棟鈑金 褪色
スレート 現地調査 棟鈑金 釘浮き
棟鈑金に浮き等はありませんでしたが褪色は進行していましたので
サビが出てくる前に塗装してあげましょう

また右の写真のように釘が浮いていると鈑金を留めておく力が当然弱まっているので
強い風等で鈑金自体が飛んでいく可能性があるので
早めに補修してあげましょう
スレート 現地調査 釘浮き
スレートを留めている釘にも浮きがありました

本来スレートを留める釘は重なり合わせの部分に打てあります。釘がこのような場所に打ってあると雨水が侵入してくる可能性が高いです。


留めている力が弱まり飛んでいく可能性もありますが釘が留めていた隙間が空くのでそこからの雨水の侵入してくる可能性もあります

このような場合は
釘を打ち直し上からコーキングで埋めるかビスに打ち替え雨水の侵入を防ぎましょう
スレート 現地調査 コケ
軒先を見てみるとびっしりコケが付着していました

放置しておくとどんどん広がっていってしまいます。

コケやカビの付着は建物の見た目も悪くなり
屋根材自体を痛めてしまいます


屋根材自体の劣化が酷く塗装してもすぐ剥がれてきてしまう可能性があるので
上から新しい屋根材を被せる重ね葺きをお勧めしました

重ね葺は古い屋根の上から被せるので屋根材を撤去するお金がいらないので
費用を抑えることができます
ですが瓦の屋根等重ね葺きができない屋根もあります・・・

ですので重ね葺きをお考えの方で疑問や不安があれば
まず街の屋根やさん名古屋東店にご相談ください

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........

スレート屋根 重ね葺き工事

名古屋市守山区でスレート屋根の重ね葺き(カバー工法)工事をご検討されているお客様の所へお見積もりの為の、調査に行ってきました。スレート屋根の工事では塗装以外に①葺き替え工事 既存の屋根を撤去後、新しく屋根を葺く②重ね葺き工事 既存の屋根の上...........