スレート屋根は塗装工事も良いですがカバー工法もお勧めです。小牧で屋根調査


小牧市で屋根の調査をしてきました。
お客様からお見積もりの依頼があり現地に行ってきました。

屋根にはスレート(カラーベスト・コロニアル)が葺かれていました。

一般的なスレートのメンテナンスとしては塗装が多いですが

今回のお客様はカバー工法を検討しているとの事でした。

理由としては塗装だとあまり長く持たないので

メンテナンスの事を考えるとカバー工法の方が魅力的との事でした。

カバー工法で使用する屋根材にもよりますが、板金屋根ですと

25~30年位は大きなメンテナンスは必要ないものが多いです。

今回はカバー工法の見積もりをご提案するために屋根の調査をしましたので

屋根の様子をお伝えしていきます
カバー工法 屋根調査
カバー工法 屋根調査
こちらが屋根の様子です。

築年数が20年でした。

一度もメンテナンスをされていないとの事でしたが


スレート屋根自体に浮きやズレ割れ等はありませんでした。

カバー工法 屋根調査
年数が経過しているので褪色やコケ、カビは全体的に発生していました。

状態から見ると塗装工事でも問題はなさそうでした。

しかしメンテナンスの周期を長くしたいと考えるとやはりカバー工法もお勧めではあります。

屋根の調査をすると

塗装が可能な状態かどうかがわかります。

街の屋根やさん名古屋東店では無料で調査見積もりを行っているので安心してお任せください!



カバー工法 屋根調査
カバー工法をする場合は雨樋交換をお勧め致します。

それはカバー工法をする事で屋根材が二重となり

雨樋に雨が入らなくなってしまう恐れがあるからです。

屋根材によっては雨が入りやすくなるような部材がありますので、気になる方は弊社に確認してみてください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

弥富市で外壁・屋根シリコン塗装を行いました

むらせ邸 施工前
むらせ邸 施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
水性セラミシリコン
築年数
築25年
建坪
20坪
保証
5年保証
工事費用
130万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根 メンテナンスサイン

お住まいの家も人の体と同じように年数が経つにつれて衰えていきます。悪い所は早めに発見し、適切な処置をしてあげる。そうする事により大事に至る事もなく長持ちしますし費用も安く済みます。今回は瓦屋根のお家のメンテナンスのサインについてお伝えします

目地補修

名古屋市守山区で目地の交換工事を行ってきました。前回古い目地のコーキングをカッターで切れ目を入れて綺麗き剥がしていきました。前回の工事はこちら綺麗にコーキングを剥がしたらテープでしっかり養生していきます。養生をしたら次にプライマーを塗ってい...........

外塀爆裂

ご覧の外塀です。色自体は経年の褪色によるムラが見られました。