オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

なんばん漆喰を使った棟取り直し工事を小牧してやっています


先日から行っている小牧市の屋根工事現場です。

なんばん漆喰を使用した棟の取り直し工事をしています。
瓦屋根の場合は漆喰や棟の工事が必要です。

台風シーズンに入っていますが大きな被害が起きる前にメンテナンスをお勧めいたします。

屋根や外壁にはたくさんの種類の屋根材や外壁材があります。

その種類によってメンテナンスの方法も変わってくるので、

どういったメンテナンスが必要か分からない場合は街屋根にご相談ください

電話・メールでのご相談はいつでも受け付けております。
強力棟の取り付け
では前回の工事の続きです。

前回までに
・既存の棟瓦の取り外し
・漆喰、葺き土の撤去

ここまで終わりました。

今回は

・強力棟の取り付け
・人工木取付
・なんばん漆喰塗り
・瓦取付

上の作業をして工事が完了します。


まずは強力棟の取り付けです

強力棟は冠瓦や棟瓦を躯体に取り付ける為の補強の金物です。

今までは銅線による緊結で固定してありましたが強力棟によって棟の強度が増します。

街の屋根やさん名古屋東店では基本的には強力棟を使用した工事をしていきます。

強力棟の取り付け 状況
強力棟の取り付け 拡大
強力棟の取り付けが終わったら瓦を固定する為の下地材を取り付けます。

黒色にみえる角材が今回使用した下地材です。

樹脂で出来た人工木材で、水に強く腐食しないので木材よりも長持ちします。

こちらは強力棟に固定していきます。
なんばん漆喰 盛り付け
次になんばん漆喰を塗っていきます

なんばん漆喰は
防水材やシリコンが入っており
水に強く瓦との密着性もいいので
強固に棟が固まります。
なんばん漆喰 盛り付け状況
一般的な葺き土+漆喰の仕上げに比べて

葺き土の代わりとなり1体化するので
より長持ちします。
棟取り直し工事 完了後の写真
最後に冠瓦を固定していきます。
なんばんしっくい 仕上がり状況
漆喰の仕上がり状況です。

なんばん漆喰には白と黒の2種類あります。

見える部分には白色のなんばん漆喰を使用します。
色による性能の違いはありませんが
白色の方が材料は少し高価です。
棟取り直し工事 ビス状況
冠瓦を上からビス締めをします。

そのさいにはステンレス製のパッキン付きのビスで固定していきます


止水性が高いのでビスからの浸水を防ぎより長く屋根を持たせます。

これで工事が完了です。

棟の長さによりますが今回は2日で工事が完了しました。

屋根の事なら街の屋根やさん名古屋東店にお任せください

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟の漆喰劣化

小牧市の屋根工事の様子をお伝えしたいと思います。先日屋根の調査に行きました。屋根には陶器瓦が使用されていました。瓦の場合は他の屋根材と違い表面の塗装をする必要はありません。しかし状態によっては棟部分の漆喰やその他のメンテナンスが必要となりま...........

棟取り直し工事 工事前状況

小牧市で築35年の瓦屋根の棟取り直し工事をしています。瓦屋根の場合は他の屋根材と比べて塗装工事をする必要はありません。しかし棟部分に使用している漆喰のメンテナンスは必要となります。漆喰が剥がれている場合はメンテナンスの時期となりますので目安...........

棟取り直し工事 タイトル

名古屋市西区で屋根工事。平板瓦の棟取り直し工事をしました。先日ドローンを使用して屋根の点検を行いました。そうしたところ屋根の棟部分に瓦のめくれがありました。台風シーズンという事もあり急いで屋根工事をすることとなりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687