軽量で高耐久のスーパーガルテクトフッ素を使った屋根工事を小牧市


軽量で高耐久のスーパーガルテクトフッ素を使った屋根重ね葺き工事を小牧市でしています。

重ね葺き工事では解体費や処分費がかからないのでコストを抑えることが出来ます。
また工期も短く済むので最近工事の件数が多くなってきました。

スーパーガルテクトフッ素 重ね葺き工事
前回までの工事で二次防水となるルーフィングを張り終えました。

重ね葺き工事では片面粘着ルーフィングという裏側が粘着層になっている防水紙を使う事が多いです。

それが終わったら袖(屋根の端っこ部分)、軒先部分に専用の金物を取り付けていきます。

スーパーガルテクトフッ素 重ね葺き工事
スーパーガルテクトフッ素 重ね葺き工事
次に屋根を葺いていきます。

右の写真は雪止めの金具の取付状況の写真です。

板金屋根材は表面がつるつるとしているので雪が降った際に滑り落ちていく危険性があります。

ですので雪多い地域では雪止め金具が必要となります。

スーパーガルテクトフッ素 重ね葺き工事
屋根本体を葺いたら最後に棟部分の納めとなります。

貫板(棟板金の下地)を取り付けてその上から棟板金を固定していきます。

棟板金は一定の長さの物を取り付けていくので重なり部分にはシーリングをして

接着と吹き込んでも雨水が侵入しないようにシーリングをします。
スーパーガルテクトフッ素 重ね葺き工事
そうしてやっと屋根工事が完了となります。

今回は切妻屋根で面積としては100㎡に満たない屋根でしたので

工事日数としては3日で完了しました。

屋根の事、重ね葺き工事など気になる事がありましたら

是非一度街の屋根やさん名古屋東にご相談ください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒天の張替え

春日井市で経年によって劣化した軒天の張替え工事を行いました。軒裏天井を略して軒天と呼びます。普段は太陽光などの紫外線があたる部分ではないので屋根や外壁と比べて褪色や劣化はしにくい場所ではあります。しかし巻き上がる風雨や経年によって劣化してき...........

外壁塗装 現地調査

名古屋市守山区で外壁塗装工事のお見積もり調査に行ってきました。見積書を作成するにあたり必ず現地調査が必要となります。外壁の状態によってご提案できる内容が違うからです。工事が始まってから工事内容が変更となり追加工事を出さない為にも必ず現地調査...........

木製サッシからの雨漏り

稲沢市で木製のサッシの隙間から吹き降りの雨の際に雨漏りを引き起こしていました。昔のサッシの為、今あるアルミや樹脂製のサッシと比べて気密性や断熱性は高くありません。木枠とガラスとの間に隙間が空いており吹き降りの雨の際にそこから雨が入っていまし...........