オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

小牧市で経年により漆喰が劣化した棟の取り直し工事をしました


小牧市の屋根工事の様子をお伝えしたいと思います。

先日屋根の調査に行きました。

屋根には陶器瓦が使用されていました。
瓦の場合は他の屋根材と違い表面の塗装をする必要はありません。

しかし状態によっては棟部分の漆喰やその他のメンテナンスが必要となります。

今回の屋根も点検の際に棟を固定している釘に浮きがあったり、下地の腐食や漆喰の劣化があったので

棟の取り直し工事をすることとなりました。

棟の取り直し工事とは既存の棟を一度解体して、再度積み直す工事のことです。

簡単に説明しますと棟に歪みがある場合や、棟の瓦が一枚だけの場合にやる工事となります。
棟の漆喰劣化
施工前の状態です。

棟瓦を固定している釘には浮きがあり、漆喰もところどころ剥離がありました。

釘の浮いている部分から水の侵入があり棟木も腐食が進行していたので棟の取り直し工事をする事となりました
棟の取り直し工事
まずは棟瓦を取り外していきます。

取り外してみたところ
全体的に棟木の腐食が進行しており
釘がほとんど効いていない状態でした。

棟の取り直し工事
漆喰・棟木・葺き土

こちらを全て撤去していきます。
葺き土や漆喰がぼろぼろと落ちていくので

棟の取り直し工事
ほうきとちりとりを使用して
屋根面を清掃していきます。

この作業はしっかりと行わないと
屋根面が汚れてしまうので
念入りに丁寧に行います。
棟の取り直し工事
取り外した棟瓦は屋根に仮置きしておきます。

道板を屋根に敷く事で瓦を安定しておくことができます。
棟木 人口木
こちらが今回使用する棟木です。

一般的な木の下地材ではなく
樹脂でできた人工木材です。

樹脂でできているので腐食する心配がなく
屋根の下地に使います。

棟の取り直し工事
人工木を木の棟木と交換していきます。

その上から防水テープを貼っていきます。
ハイロール
今回使用した防水テープのハイロールです。

強力な粘着面と多数のヒダによって複雑な形状の
屋根にも自在に張り付きます。

棟の取り直し工事
このように屋根面に合わせて張っていきます
棟の取り直し工事
最後に棟の瓦を復旧して完了です。

棟の取り直し工事
綺麗に仕上がりました。

棟の固定にはパッキン付きのステンレス製のビスで
固定をしていきました。

止水処理もパッキン付きなので安心です

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

強力棟の取り付け

先日から行っている小牧市の屋根工事現場です。なんばん漆喰を使用した棟の取り直し工事をしています。瓦屋根の場合は漆喰や棟の工事が必要です。台風シーズンに入っていますが大きな被害が起きる前にメンテナンスをお勧めいたします。屋根や外壁にはたくさん...........

棟取り直し工事 工事前状況

小牧市で築35年の瓦屋根の棟取り直し工事をしています。瓦屋根の場合は他の屋根材と比べて塗装工事をする必要はありません。しかし棟部分に使用している漆喰のメンテナンスは必要となります。漆喰が剥がれている場合はメンテナンスの時期となりますので目安...........

棟取り直し工事 タイトル

名古屋市西区で屋根工事。平板瓦の棟取り直し工事をしました。先日ドローンを使用して屋根の点検を行いました。そうしたところ屋根の棟部分に瓦のめくれがありました。台風シーズンという事もあり急いで屋根工事をすることとなりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687