瓦屋根の方へ|雀の侵入に要注意|名東区

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

名古屋市名東区で屋根の工事をしています。
お施主様から毎年雀がやってくるんだけど、どこに巣があるのか分からないと伺いました。
足場を組んだの早速雀の巣があるのかどうか確認をしてみました。


屋根に上がって軒先の瓦をめくってみました・・・。
瓦屋根 雀の巣
さっそく見つかりました(^_^;)

最初にめくった瓦にさっそく雀の巣が確認できました。
軒先の瓦から2枚目の所に雀の巣がありました。
なんと2つもです。。。

幸いにも雀はいませんでした。

いったいどこからやってきたのか気になる所ですね・・・
瓦屋根 雀の巣
原因となる所はコチラです

専門用語で言いますと雀口という部分になります。
瓦葺き屋根の軒先の瓦と雨樋が取付けてある鼻隠し板という所との間にある隙間です。

本来ですと隙間が出来ない様に漆喰が塗り込まれている事が多いのですが
年数の経過とともに漆喰が剥がれて隙間があいてしまいます。
こんな狭い隙間でも雀は入っていってしまうんです。
瓦屋根 雀の巣
撤去前
瓦屋根 雀の巣
撤去後
瓦屋根 雀の巣
せっかく苦労して作った巣ですが撤去しました。
たった2つの巣でしたが物凄い量のワラと土でした
罪悪感が凄かったですがこのまま撤去しないでいると下地に異常をきたしたりして
最悪雨漏れを引き起こしてしまう可能性もあります。

また来年戻ってきて巣が無く悲しむかもしれませんがいたしかたありません。

今後の対策としては当初と同じように雀口に漆喰を塗るか
プラスチックまたは板金の面戸(隙間に形に合わせた部材)を取付ければ侵入を防ぐことが出来ます。

この様な事にお悩みの方は是非ご相談ください!


同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風被害

今回の台風はとても被害が多く多くの屋根が被害にあってしまいました。棟の板金の飛散、瓦の飛散、酷い所では屋根の下地から飛んでしまったという家もありました。その中でも今回はスレート屋根の棟板金が飛んでしまったというご依頼を頂き名古屋市昭和区に行...........

スレート屋根の雨漏れ

北名古屋市のスレート屋根の雨漏れ事例の紹介です。弊社にお問い合わせがありました。数年前に他社で塗装工事をされたそうですが、ここ最近になって雨漏れが発生したそうです。塗装をする前は雨漏れは一切なかったそうです。塗装をされた業者に連絡はしたそう...........

スレート屋根の雨漏れ

名古屋市港区での雨漏れ事例の紹介ですスレート屋根が使われており築年数は20年以上という事でした。雨漏れが発覚したのはつい最近のことで室内に雨漏れが無いので気がつかなかったそうです。スレート屋根の雨漏れの原因を特定するのは正直かなり難しいです...........