名古屋市緑区のスレート屋根の雨漏りはコーキングが原因でした


名古屋市緑区でスレート屋根の雨漏りの調査に行ってきました。

室内への雨漏りはまだありませんでしたが、小屋裏の屋根の下地に雨染みが発生しており
いつ室内に雨漏りが起きてもおかしくない状況でした。

雨漏りが始まったのは飛び込みで来た業者が台風や地震から屋根を強くするという触れ込みで屋根で工事を行ったそうです。

結論から言うとその工事が雨漏りの原因でした。
スレート屋根 雨漏り原因
こちらが原因となった場所です。

スレート屋根の棟板金部分なのですが隙間をコーキングを使用して埋められています。
本来はこの隙間は雨水の逃げ道として一定の隙間を確保しなければいけません。

1次防水となる屋根材だけで全ての雨を防げるわけではないです。
吹き降りの際には屋根材の裏へと雨が侵入することもあります。
そんな時に2次防水として防水シートが裏側に敷かれているのです。

今回は屋根の事、水の流れを把握していない業者が行ったものといえます。


スレート屋根 雨漏り原因
棟板金を固定している釘も年数の経過と共に浮き上がってきます。

そうするとその隙間から雨水が侵入します。

そこで先ほどの隙間が埋まっていると水の逃げ場が無くなってしまい

屋根材の裏へと回り屋根材を固定している釘から雨が室内へと伝わっていくのです。

スレート屋根 雨漏り原因
スレート屋根 雨漏り原因
他にも屋根の端っこのケラバという部分ですが

こちらもコーキングで埋められていました。

全てがきっちりと埋まっていれば問題ないのですが
※雨さえ入る余地のないくらい

ところどころ隙間が空いていたり経年劣化によりコーキングが切れて

隙間があいていたりしていました。

【対策として】

棟部分に関しては、棟板金の交換が望ましいです。

ケラバに関してはコーキングの除去が望ましいです

築年数が30年以上経過しており屋根材自体の劣化もあるので

屋根を葺き替える、または重ねて葺くというのもおすすめです。

今後の住まわれ方によってご提案内容が変わりますので

もし屋根の事、雨漏りでお困りの方がいましたら街の屋根やさん名古屋東まで

ご連絡をくださーーーーい!!

お待ちしています

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟取り直し工事

北名古屋市で去年の台風でずれてしまったS形瓦の棟部分の工事をしました。経年劣化によって下地の劣化が進行しており瓦を固定している釘が浮いていました。釘が下地に効いていない状態の為、一度棟を解体して新たに棟を積み直す工事をしました。

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。