オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

みよし市で屋根のカバー工法による重ね葺き工事をおこないました


カラーベスト褪色
今回はカラーベストの屋根の重ね葺き(カバー工法)工事です。これまでも塗装はされていましたが、再塗装とメンテナンスフリーのカバー工法での施工を提案させて頂きました。初めの点検時はやはり塗膜劣化による剥離や褪色も多く、黄カビの発生も拡大していました。塗装を行えばしばらくは劣化の進行を防ぐ事ができますが、将来は再度塗装をしなければならない可能性があります。塗装もしくはカバー工法のメリット・デメリットをご案内したうえで今回は重ね葺きをご採用頂きました。

では屋根カバー工法の工事をみていきましょう

棟板金撤去
まずは棟板金の役物を取り外していきます。棟板金は釘打ちで留めてある事が多く、経年で釘も浮いてきます。釘穴より雨水や湿気が侵入する為、板金を外さなければわからない内部もこの通り木材が劣化(腐食)しています。
棟板金下地撤去
板金と下地の木材を撤去しました。
片面粘着ルーフィング
全ての板金と下地の木材を撤去した後に防水の処置としてルーフィングを敷いていきます。カバー工法の時は「片面粘着ルーフィング」を用います。葺き替えの場合は下地をコンパネで作る為、通常のルーフィングをタッカー(大きいホチキスの様な工具)で留めていきますが、今回はカバー工法で下地がカラーベストの為、このような施工をします。
新規水切り工事
屋根本体を葺く前に新しい役物を設置していきます。
それぞれ屋根の形状に合った専用役物なので施工後の仕上がりもきれいになります。写真は棟板金の下地と軒先の水切り役物です。
ミラノ施工
いよいよ本体工事です。軒先から一枚ずつビス留めで施工していきます。置いてある屋根材が一枚の大きさです。
デクラミラノ
施工にひと手間加える部分も丁寧に葺いていきます。
デクラミラノ
材料が板金の為、加工性も良く複雑な箇所にもある程度きれいに納める事が可能です。
デクラミラノ
施工も進み、頂点の棟付近まで葺き終わってきました。建物ごとに屋根の大きさや形状も違うので、その屋根に合った割り付けと施工をしていきます。一言に屋根葺きといってもちゃんと計算しながら職人さんが作業しています。
デクラミラノ
片面の屋根葺きが終わりました。工事の折り返し点です。残りも引き続き頑張って施工していきます。
デクラミラノ
屋根面がほぼ葺き終わり、棟部分を残すのみとなりました。下地にくる板金類も専用材ですが、棟部分の材料も専用材です。質感が異なる事はありません。
デクラミラノ
棟の施工が完了しました。いかがですか?形状はシンプルですが一体感がしっかりと出ています。
デクラミラノ
ここで職人さんの細やかな気遣いが見られます。屋根が重なり合う部分ですが、下にある屋根の奥手の施工が困難な為、隙間となる部分をカバーしてくれました。こんな形状のものでも板金の加工で現地で作ってしまいます。
デクラミラノ
ご覧のように狂いなくピッタリです。職人さんの器用さに脱帽です。これで雨水が入り込みにくくなります。
デクラミラノ
カバー工法完了です!非常にきれいな仕上がりです。建物も洋風の造りだったので今回はコチラの屋根材を使って重ね葺き工事をしました。
以上、カバ―工法の紹介でしたがいかがでしたか?今回使用した屋根材は「デクラ ミラノ」という屋根材です。形状やカラーも数種あり、お好みで選んでいただけます。今回はグラデーション調の屋根材でしたが単色もお選びいただけます。
スレート屋根で塗装よりカバー工法!という方は是非お問い合わせ下さい!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

瀬戸市でカバー工法|D'sルーフィング ディプロマット

カバー工法 施工前
カバー工法 施工後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
D'sルーフィング ディプロマット
築年数
25年
建坪
105㎡
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
110万円(足場含)
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

カバー工事

瀬戸市にて、屋根の重ね葺き工事を行いました!!!屋根の重ね葺き工事は、スレート屋根の場合に多く用いられる工法で既存の屋根材を撤去せず、その上に新しい屋根材を置いていく工法です。しかし、長年雨漏りが発生しており、下地に大きな劣化が進行してしま...........

カバー工事

名古屋市中川区にてスレート屋根から金属板金屋根へのカバー工事が開始しました!!!カバー工事とは・・・既存の屋根材の上に新しい屋根材を乗せる工事になります。屋根カバー工事は基本的にスレート葺き屋根の場合に用いられて瓦の場合はほとんど不可能です...........

屋根カバー工事

日進市にて屋根カバー工事を行う為にとても重要な下地確認の含めた現地調査に行ってきました!!!屋根カバー工事とは・・・既存の屋根材の上に、防水シートを貼りその上に新しい屋根材を乗せる工事の事です!今回の現場は、スレート葺きの切妻屋根でした。現...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687