長久手市でスレート屋根の塗装工事をされる方は棟板金の劣化にも注意


長久手市で現地調査をしてきました。
スレート屋根の塗装工事をご検討されている方は必見です!

屋根が褪色して経年劣化したからといって、ただ塗装をすればいいという訳ではありません。
スレート屋根の場合は棟板金の劣化に注意が必要となります。
スレート屋根の経年劣化 釘浮きや褪色
こちらが屋根の写真です。

スレート屋根が全体的に褪色していました。
築25年で一度塗装工事をされているのですが、
前回の塗装から15年位経過しているとの事でした。

赤字の棟板金という所が今回のブログでお話する場所です。

スレート屋根の棟部分には、雨仕舞の為に棟板金という物が取り付けられています。

年数の経過と共に、この棟板金部分が劣化して固定力が低下してきます。
実際にどんな症状があるかといいますと・・・

スレート屋根の経年劣化 釘浮きや褪色
スレート屋根の経年劣化 釘浮きや褪色
上の写真の様な固定する為に打ってある釘の浮きです。

風や地震等の揺れ、または中の下地である木材の膨張収縮によって釘が浮いてきます。

浮いた釘の隙間から雨が入り下地を腐らせ棟板金の固定力が低下してしまう事もあります。
そうすると台風などの強い風が発生した際に棟板金が飛ばされてしまうという事があります。

右の写真はあまり良くない事例です
推測ですが前回の塗装工事の際に棟板金を留めるために真上から釘を打ったのだと思われます。
棟板金の真上から打ってありこれは雨がとても入りやすい工事の仕方なので本来は棟板金の横から釘を打ちます。

今回は全体的な釘の浮きと棟板金の固定力の低下があったので
棟板金の交換をご提案させていただきました。

スレート屋根の経年劣化 釘浮きや褪色
一部スレートに欠けがありました。
こういう部分は新しいものと差し替えてあげることが出来ます。
スレート屋根の経年劣化 釘浮きや褪色
全体的には褪色がありましたが、
スレート自体には大きな異常はありませんでした。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根漆喰

名古屋市千種区で瓦屋根と漆喰の点検をしてきました。瓦には漆喰が使われていることが多いです。(最近では乾式工法で漆喰を使わない工法もあります)年数の経過と共に漆喰にひび割れや剥がれが起きます。そうすると屋根の歪みや最悪の場合、雨漏りに繋がって...........

台風シーズンに備えて屋根の点検

春日井市で屋根の無料点検をしてきました。みなさまも台風シーズンが来る前に一度屋根の点検をしてみてはいかがでしょうか?昨年の台風では2つ大きな台風が上陸をして東海地方にもかなりの被害が出ました。被害が発生する前に対策をしておくことで被害を食い...........

軒天の張替え

春日井市で経年によって劣化した軒天の張替え工事を行いました。軒裏天井を略して軒天と呼びます。普段は太陽光などの紫外線があたる部分ではないので屋根や外壁と比べて褪色や劣化はしにくい場所ではあります。しかし巻き上がる風雨や経年によって劣化してき...........