名古屋市中区で屋上のウレタン防水工事が着工しました


ウレタン防水
既設の状態です。点検依頼を頂いてから間もないので不具合が大きく進行している様子はありませんでした。まずは亀裂や浮きのある個所をすべて補修していく作業から始めます。
ウレタン防水
防水層に亀裂が入り浮いてしまった個所を防水層がしっかり密着しているところまで切り欠いて撤去します。浮いていたり剥がれたりした部分をピンポイントで撤去するのではなくやや余裕をもって一回りほど大きく切り欠きます。
ウレタン防水
排水溝のドレン回りです。この部分もよく防水が切れたりして不具合の起こる可能性のある部分です。今回はウレタン防水の施工を行いますがそれに伴い改修用ドレンの設置も行います。
ウレタン防水
不具合部分を除去できたら広い面には下塗りのプライマーをまんべんなく塗布していきます。次の工程で行うウレタン塗装がしっかりと密着するように施工していきます。
ウレタン防水
屋上にプライマーを塗った後の乾き待ちに下階のベランダ部分にも手を入れていきます。屋上と同様の既設状態です。
ウレタン防水
同様に下地の調整を行っていきます。ベランダに関しては屋上の様な亀裂や剥がれはなかったので清掃後にケレン作業を行ってプライマー処理を行います。
今回の作業は本工事前の下準備です。不具合部分の撤去及び調整や下塗りをしっかり行っていないと後の工程の仕上がりに支障が出ます。防水工事には施工面積によりしっかりとした保証をお付けしています。その為、仕様と工程を守りながら工事を進めていく必要があります。
いかがでしょうか?このような陸屋根の屋上防水やベランダの防水でお悩みの方は是非一度ご相談ください。「街の屋根やさん名古屋東店」では点検とお見積もりは無料で行っておりますのでお問い合わせをお待ちいたしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........

スレート屋根 雨漏り原因

名古屋市緑区でスレート屋根の雨漏りの調査に行ってきました。室内への雨漏りはまだありませんでしたが、小屋裏の屋根の下地に雨染みが発生しておりいつ室内に雨漏りが起きてもおかしくない状況でした。雨漏りが始まったのは飛び込みで来た業者が台風や地震か...........