名古屋市中村区で屋上防水の点検に行ってきました


ゴムシート防水劣化
今回は中村区で屋上の防水点検です。材質はゴムシートでした。いくつかこれまでも触れてきましたがシート防水は大きく分けて今回のゴムシートと塩ビシートがあります。耐久性は塩ビシートのほうがあり、塩ビに比べるとゴムシートは縮みが出てしまう事が多くあります。
ゴムシート防水劣化
朝寝部分に接着し敷いていくゴムシートですが、経年で接着力も弱くなり、部分的に写真の様な捲れや剥がれが出てきます。完全に剥がれているわけではありませんが、雨水に触れて捲れを広げていってしまします。
ゴムシート防水劣化
接着力も弱くなり、縮みも出てくるとすればこのようにシートのズレも出てきます。雨水の入り易い状態に徐々になっていってしまうわけです。
ゴムシート防水劣化
所々の継ぎ目が剥がれていました。再度接着剤を使って圧着も不可能ではありませんが、入り込んだ埃や塵を完全に除去するのは難しい為、接着力に期待ができません。あくまで応急的な処置となってしまいます。
ゴムシート防水劣化
側面の立上がりに歪みが見られますが、これは許容範囲です。縁に笠木がかぶさっていますがその笠木でシートを抑え込んで固定してあります。
ゴムシート防水劣化
笠木はステンレス製でしたが、ビスは鉄製と思われます。ビス頭のコーキングが無くなりサビ水のようなものが残った跡があります。また、継ぎ目のコーキングも劣化して切れていました。
屋上まで上がれるルートがない建物の方はほとんど状態を確認できない陸屋根の建物。およそ防水工事から10年ほどを目安に点検や補修等が必要です。これから来る梅雨の時期に備えてご心配な方は一度点検はいかがでしょう?
当社では点検・見積りは無料で行っております。気になる方は是非お問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟取り直し工事

北名古屋市で去年の台風でずれてしまったS形瓦の棟部分の工事をしました。経年劣化によって下地の劣化が進行しており瓦を固定している釘が浮いていました。釘が下地に効いていない状態の為、一度棟を解体して新たに棟を積み直す工事をしました。

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。