名古屋市守山区で、屋根にスズメが巣を!(補修工事)


屋根スズメ
現場に到着し、お客様に内容を確認し屋根の上に登ってみると、一番屋根の低い軒先の棟瓦の中にスズメが巣を作っていました!
棟瓦の周りにある黒い物(シーラー)を使い、以前はスズメの巣を撤去し、棟瓦の周りにシ-ラーを貼っただけの補修を行ったみたいですが、これでは、シーラーが柔らかい為またスズメが突っついてまた中に入って巣を作ってしまいます!
屋根スズメ
こちらの写真は別の箇所です。こちらも同様スズメが以前に補修をしたシーラーを突っついて中に巣を作ってしまっています。
棟瓦の中は、スズメにとって雨もしのげて太陽の日差しも入らない、住みやすい環境となっています。
なのでこのような隙間があれば、スズメが巣を作ってしまいます。
スズメ補修
まずは、棟瓦を取り中にあるスズメの巣を綺麗に撤去します。
このお家では、すでにスズメが卵を産みヒナが育っていてスズメの巣だけが残っていました。
スズメ補修
棟瓦の中は、このようになっています。
雨が入らないように「なんばん」が垂木の周りにつめてあります。
施工上は、何も問題はありませんが、この「なんばん」のつめ込みが、あまいと隙間ができ、スズメが巣を作ってしまいます。
スズメ補修
補修としましては、「なんばん」を棟瓦いっぱいにつめ込んでスズメが中に巣を作れないようにします。
なんばんで補修を行えば、シーラーとは違って固くスズメが口ばしで突っついても「なんばん」が負けないので、大丈夫です。
スズメ補修
最後に棟瓦をもとに戻したら、補修完了です!
写真を見てわかると思いますが、棟瓦の下が、なんばんでふさがっていてスズメが入って来れなくなっています。
このように補修をすれば、安心できると思います。

また、屋根の事やその他の工事でも構わないので、お気軽に街の屋根やさんまで、ご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒天の張替え

春日井市で経年によって劣化した軒天の張替え工事を行いました。軒裏天井を略して軒天と呼びます。普段は太陽光などの紫外線があたる部分ではないので屋根や外壁と比べて褪色や劣化はしにくい場所ではあります。しかし巻き上がる風雨や経年によって劣化してき...........

外壁塗装 現地調査

名古屋市守山区で外壁塗装工事のお見積もり調査に行ってきました。見積書を作成するにあたり必ず現地調査が必要となります。外壁の状態によってご提案できる内容が違うからです。工事が始まってから工事内容が変更となり追加工事を出さない為にも必ず現地調査...........

木製サッシからの雨漏り

稲沢市で木製のサッシの隙間から吹き降りの雨の際に雨漏りを引き起こしていました。昔のサッシの為、今あるアルミや樹脂製のサッシと比べて気密性や断熱性は高くありません。木枠とガラスとの間に隙間が空いており吹き降りの雨の際にそこから雨が入っていまし...........