名古屋市中区|屋根材パミール|剥がれ


今回は名古屋市中区のK様より「築15年が経過して、一度も屋根の点検やメンテナンスをしていないので、屋根の状況が気になるので点検をして欲しい」とのご相談を頂きました。
パミール
早速、屋根の点検を行いました。
こちらの屋根材はパミールが施工されていました。コロニアルと見た目はあまり変わらないので一般の方が見ても区別が付きづらいと思いますが、パミールは月日が経過すると、表面の劣化や表層剥離など不都合が発生します。その当時、アスベストを使用しない屋根材として開発され、一般住宅には、よく使われていました。(※現在は生産しておりません)
パミール
パミール

パミールに関しては塗装工事はお勧めできません。もし、綺麗にケレン、清掃して塗装工事を行っても、ミルフィーユ状に層間剥離が発生している状況では、数年も経過すれば、剥がれや塗膜の膨れが必ず出てきます。
ガルテクト
屋根材がパミールで施工してある場合は、カバー工法か葺き替え工事をお勧め致します。
塗装工事はお勧めできません。

街の屋根やさん名古屋東店では、パミールからカバー工法を行った物件が多数あります。
屋根に不安のある方、施工に不安のある方、屋根材がパミールの方、少しでも気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟取り直し工事

北名古屋市で去年の台風でずれてしまったS形瓦の棟部分の工事をしました。経年劣化によって下地の劣化が進行しており瓦を固定している釘が浮いていました。釘が下地に効いていない状態の為、一度棟を解体して新たに棟を積み直す工事をしました。

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。