名古屋市昭和区|棟板金の浮き・飛散|危険


名古屋市昭和区のK様より「屋根から庭に鉄板が落ちてきたので見て欲しい」というお問い合わせを頂きまして、現地確認にお伺い致しました。
台風時期には、このようなお問い合わせが非常に多くありました。例えば、お隣様の敷地に屋根の板金が飛んでしまったり、棟板金が飛散した箇所から雨漏りするといったケースも良くありました。
では今回は、実際にどうなっているのか、見ていきましょう。
棟板金飛散
左写真:棟板金が飛散して落ていまっていました。
棟板金 飛散
右写真:貫板の拡大写真です。貫板は経年の劣化により腐食してボロボロの状態になっています。これでは、棟板金を留めている釘が抜けてしまい、棟板金が飛散してしまうのも、解ります。
棟板金のサビ
他の棟板金は残っていましたが、表面はサビが広がっており、釘が効いていない状態です。そのうち、飛散する恐れがあります。
スレートの傷
屋根の状況です。写真中央部の白い部分は、カラーベスト屋根表面を棟板金が擦った跡です。強風時に、棟板金が屋根の上で、飛ばされそうになっていた事を想像すると、非常に怖いですね。
棟板金の飛散
こちらの写真は、棟板金がアンテナの支柱にたまたま引っ掛かっていました。強風が吹けば今にも落ちてしまいそうな状況です。
危険でしたので、その場で取り外して、屋根上から下ろしましたので、一先ずは安心です。

棟板金の飛散や落下は、意外と住んでいる方は気づかない方が多いです。お隣の方に指摘されたり、業者さんに指摘されて初めて気づく方も多いようです。

もう一度、我が家の屋根を確認してみてはどうでしょうか。
点検・見積は無料です。街の屋根やさん名古屋東店にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟取り直し工事

北名古屋市で去年の台風でずれてしまったS形瓦の棟部分の工事をしました。経年劣化によって下地の劣化が進行しており瓦を固定している釘が浮いていました。釘が下地に効いていない状態の為、一度棟を解体して新たに棟を積み直す工事をしました。

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。