軒裏天井に雨染みが発生|原因は屋根から?|中川区


谷板金の雨漏り
名古屋市中川区で屋根の裏側の部分である軒裏天井

通称”軒天”に雨染みが発生した。との問い合わせがありました。

実際の写真が上の写真です。

通常時の軒天は白色なのですが、全体的に茶や黒色に変色しており雨染みが確認できます。

瞬間的なものではなく長期的に雨が染みている様な感じがしました。

原因として考えられるのが屋根部分なので屋根に上がったところ

原因がすぐに判明しました。
谷板金の雨漏り
原因として考えられるのはこの写真の部分です。

これは谷という部分です。
谷板金の雨漏り
上からの写真です。

屋根の形状が複雑になるとこの様に谷という部分が発生します。

屋根と屋根がぶつかる部分に存在するのですが

雨水が青色の矢印の様に流れていきを水を排水するために真ん中の谷という部分に水が集まります。

原因は経年による谷部分の劣化だと思われます。
谷板金の雨漏り
赤色の丸部分が谷部分の劣化によって発生した穴あきです。
昔は谷に銅板がしようされており穴が築20年以上経過すると穴があく事が多くなります

酸性雨や長期的に瓦から垂れる雫によって穴が開いたことにより雨水が室内へと侵入してしまった様です。
谷板金の雨漏り



谷板金の雨漏り
この様な状態で穴があいていました。

大きいもので1円玉くらいの穴があいていました。

このままでは雨が降るたびに雨漏りしかねないので応急的に補修しておきました。

谷部分の工事方法

工事内容は谷板金の交換工事
劣化した銅製の谷板金を新しいステンレス製の谷に交換する作業です

①谷周辺瓦をめくり既存の谷板金を撤去します
②防水シートを張ります
③新しい谷板金(ステンレス)を取り付けます
④谷周辺瓦を復旧します

おおまかな流れはこんな感じです。

谷の長さにもよりますが一般的な谷(3~5M)でしたら工事は1日で完了します


軒天部分に何か気になる箇所があれば街の屋根やさん名古屋東にご相談ください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒天の張替え

春日井市で経年によって劣化した軒天の張替え工事を行いました。軒裏天井を略して軒天と呼びます。普段は太陽光などの紫外線があたる部分ではないので屋根や外壁と比べて褪色や劣化はしにくい場所ではあります。しかし巻き上がる風雨や経年によって劣化してき...........

外壁塗装 現地調査

名古屋市守山区で外壁塗装工事のお見積もり調査に行ってきました。見積書を作成するにあたり必ず現地調査が必要となります。外壁の状態によってご提案できる内容が違うからです。工事が始まってから工事内容が変更となり追加工事を出さない為にも必ず現地調査...........

ベランダトップコートの剥がれ

名古屋市名東区でベランダ防水のトップコートの剥がれを見てきました。トップコートは防水層を保護するための保護塗膜の事です。他社さんで外壁塗装工事をされた際にベランダもトップコートを塗られたそうです。しかしわずか1年で剥がれてきてしまい業者に問...........