中川区で伏せ換えをしました。


今回の現場は、和形の屋根の葺き替えです。
まずは、既存の瓦をめくってコンパネで野地の補強をしてルーフィング張ります、そののち新しい瓦の寸法に合わせて瓦棒を施工します。
DSCN6252_R-columns2-overlay
流れ壁には、捨て谷の板金をいれます。
DSCN6250_R-columns2-overlay
和形の屋根には通常袖の捨て水切りは必要ありませんが、今回の瓦は、平らな瓦なので袖の捨て水切りを施工します。
DSCN6246_R-columns1-overlay
伏せ換えの瓦はルーガという瓦です。
このブログで何度も紹介している軽量瓦です。
ここ何年かの間に地震等の天災の後、度々屋根の重さが問題として取り上げられ、一般の方々も屋根の軽量化への思いが強まって来ているのでしょう。
DSCN6247_R-columns2-overlay
棟垂木は、腐らない人口木を使用しています。
今回の棟は漆喰では無く、ハイロールを使用します。
DSCN6249_R-columns2-overlay
こちらがハイロールです。
特殊形状と四層構造、特別開発したブチルが強力な接着と耐久性を維持した完全乾式の屋根です。
354_R-columns1-overlay
下屋に庇が有り、この様な感じです。
軽くて、割れにくい、近頃のニーズに応えたルーガという瓦、まだまだこれからも人気の商品です。







屋根や壁のトラブルはお任せください。
無料点検致します。
お電話でのお問い合わせは9時~17時まで受け付けております。
0120-969-687
外装工事だけに関わらず何でもご相談ください。
お待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏れ瓦屋根点検

瓦屋根から2階室内への雨漏れで早速屋根点検です。今回は水かけ試験を実施します。写真手前の谷部分に水をかけてみたいと思います。直下の室内にもれている箇所を確認するとちょうど谷板金の終点付近なのでよく確認します。

袖瓦補修

工事開始です。まずは袖瓦をすべて取り外す作業です。  屋根施工は軒先(下)から上順に葺いていきますので、取り外す時は逆に棟(上)から順に外していきます。

屋根改修工事全体

愛知県大口町で屋根の葺き替え工事を行いました。防水シートにはフクビ製の遮熱ルーフエアッテックスを使用し、屋根材はケイミュー製のルーガ雅を使用して工事を行いました。今回使用したケイミューの商品のルーガ『雅』はとても軽量かつ耐久性も良く更に見た...........