オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

洋風瓦の棟部分の補修工事|棟取り直し工事とは?|名古屋市中区


棟取り直し工事 モニエース
名古屋市中区で屋根の工事をしてきました。

屋根には上の様な粘土瓦が使用されていました。
こちらの瓦は『モニエース』といい、粘土瓦業界では初めてのふた山タイプ(波型形状)です。

今までの和風形状とは違い洋風に見え、またカラーバリエーションもたくさんありました。

粘土瓦はスレート屋根材に比べて断熱性能や遮音性能が良いのでお勧めです。

また色あせ等もしないので塗装をする必要がないのもスレート屋根と比べるとメリットですね。

しかし何もしなくていいという訳ではなく棟部分の定期的な点検及び補修は必要になってきます。

経年によって棟部分の漆喰が剥離してきて劣化するので漆喰の補修または棟部分の交換が必要です

今回は棟部分の交換についてお話をしたいと思います

棟取り直し工事

棟取り直し工事 モニエース
棟取り直し工事とは簡単に言うと棟部分を一度解体して積み直す工事の事です。

その際に漆喰や下地を交換します。

瓦は既存の物を使う場合と新しい瓦を使用する場合がありますが、瓦の状態によって変わります。

まずは棟部分の瓦を外していき、漆喰と葺き土を露出させます。
棟取り直し工事 モニエース
葺き土と漆喰を撤去すると下地の木材が見えてきます。

経年劣化により下地の木材に劣化や、腐食が見られましたので新しいものと交換します。

棟取り直し工事 モニエース
今度は黒色の物に代わりました

こちらは樹脂でできた人工木材です。
以前使っていた木材でもいいのですがこちらは腐食しない為、耐久性が高いので人工木材を使っていきます。

棟取り直し工事 モニエース
次に漆喰を塗っていきます

なんばん漆喰を使用しました。
葺き土にも代わるものなのでなんばん漆喰だけで仕上げていきます。
棟取り直し工事 モニエース
最後に棟瓦を復旧していきます。

これで工事は完了です。

棟部分の漆喰や下地の木材が劣化していると雨漏りや台風の際に瓦が飛ばされてしまう恐れがあります。

屋根の定期的な点検を心がけたいですがなかなか難しいものです。。

街の屋根やさん名古屋東では調査見積もりは無料で行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

宜しくお願い致します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

強力棟の取り付け

先日から行っている小牧市の屋根工事現場です。なんばん漆喰を使用した棟の取り直し工事をしています。瓦屋根の場合は漆喰や棟の工事が必要です。台風シーズンに入っていますが大きな被害が起きる前にメンテナンスをお勧めいたします。屋根や外壁にはたくさん...........

棟取り直し工事 工事前状況

小牧市で築35年の瓦屋根の棟取り直し工事をしています。瓦屋根の場合は他の屋根材と比べて塗装工事をする必要はありません。しかし棟部分に使用している漆喰のメンテナンスは必要となります。漆喰が剥がれている場合はメンテナンスの時期となりますので目安...........

棟取り直し工事 タイトル

名古屋市西区で屋根工事。平板瓦の棟取り直し工事をしました。先日ドローンを使用して屋根の点検を行いました。そうしたところ屋根の棟部分に瓦のめくれがありました。台風シーズンという事もあり急いで屋根工事をすることとなりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687