洋風瓦の棟部分の補修工事|棟取り直し工事とは?|名古屋市中区


棟取り直し工事 モニエース
名古屋市中区で屋根の工事をしてきました。

屋根には上の様な粘土瓦が使用されていました。
こちらの瓦は『モニエース』といい、粘土瓦業界では初めてのふた山タイプ(波型形状)です。

今までの和風形状とは違い洋風に見え、またカラーバリエーションもたくさんありました。

粘土瓦はスレート屋根材に比べて断熱性能や遮音性能が良いのでお勧めです。

また色あせ等もしないので塗装をする必要がないのもスレート屋根と比べるとメリットですね。

しかし何もしなくていいという訳ではなく棟部分の定期的な点検及び補修は必要になってきます。

経年によって棟部分の漆喰が剥離してきて劣化するので漆喰の補修または棟部分の交換が必要です

今回は棟部分の交換についてお話をしたいと思います

棟取り直し工事

棟取り直し工事 モニエース
棟取り直し工事とは簡単に言うと棟部分を一度解体して積み直す工事の事です。

その際に漆喰や下地を交換します。

瓦は既存の物を使う場合と新しい瓦を使用する場合がありますが、瓦の状態によって変わります。

まずは棟部分の瓦を外していき、漆喰と葺き土を露出させます。
棟取り直し工事 モニエース
葺き土と漆喰を撤去すると下地の木材が見えてきます。

経年劣化により下地の木材に劣化や、腐食が見られましたので新しいものと交換します。

棟取り直し工事 モニエース
今度は黒色の物に代わりました

こちらは樹脂でできた人工木材です。
以前使っていた木材でもいいのですがこちらは腐食しない為、耐久性が高いので人工木材を使っていきます。

棟取り直し工事 モニエース
次に漆喰を塗っていきます

なんばん漆喰を使用しました。
葺き土にも代わるものなのでなんばん漆喰だけで仕上げていきます。
棟取り直し工事 モニエース
最後に棟瓦を復旧していきます。

これで工事は完了です。

棟部分の漆喰や下地の木材が劣化していると雨漏りや台風の際に瓦が飛ばされてしまう恐れがあります。

屋根の定期的な点検を心がけたいですがなかなか難しいものです。。

街の屋根やさん名古屋東では調査見積もりは無料で行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

宜しくお願い致します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S瓦 棟取り直し工事

日進市で台風に備えた棟瓦の取り直し工事が始まりました。週末には台風19号が接近しております。大きな被害を出さない為にも早めの対策が重要となります。台風による強風で飛ばされてしまった瓦が隣家や通行人に当たってしまうととても危険です。起きてしま...........

平板瓦 棟取り直し工事

名古屋市北区で経年劣化によって下地が腐食して棟瓦がズレていました。ずれた瓦の隙間からの雨漏りもそうですが、台風や強風で瓦がずれて下へ落ちてしまうと大変危険です。台風シーズンに入る前にという事で工事をすることになりました。前回は棟瓦の取り外し...........

平板瓦 棟取り直し工事

名古屋市北区で平板瓦の棟取り直し工事をしました。経年劣化により棟瓦の下地木材が腐食して棟瓦にズレが発生していました。ですので一度棟を解体して下地を補修した後に瓦を復旧する棟取り直し工事をする事になりました。