防水工事をお考えの方へ|西区


名古屋市西区で屋上防水の現地調査を行ってきました。

屋根の形が真っ直ぐな陸屋根という
形の屋根には防水で施工されています。

防水にも色々種類があり

・シート防水
・ウレタン防水
・FRP防水

等種類がありその中でも工法の違いもあります。

それぞれの防水にメリット、デメリットがあり
一番この防水がいいとは言えませんが
その立地や使用方法、リフォームの場合いまある防水との
相性等で提案も変わってきます。

ですので現地調査がとても大切になってきます!!!
防水 雨漏り
防水 雨漏り
早速屋上に上がって見ていくと

今使ってある防水はシート防水という
防水のシートを張っていく防水です。

この防水で多い劣化状態は
シート防水の切れや破れ、剥がれです。

防水にこの様な状態ですとそこから雨が入ってきてしまいます。

雨漏れがある家の多くはこの様な状態です。
防水 雨漏り
防水 雨漏り
シート防水の浮きにより雨が降ってなくても
この様に水が溜まってしまっていました。

ここまで水が溜まっているとかなりの可能性で雨漏りしてしまっています。

防水を雨漏りしてしまっていると
下地が腐ってしまう可能性があり大きな工事が必要な場合があり
とても費用が掛かってしまいます。

防水のメンテナンス期間は10年です!!!

こうなってしまう前にメンテナンスしておきましょう!!!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........

スレート屋根 雨漏り原因

名古屋市緑区でスレート屋根の雨漏りの調査に行ってきました。室内への雨漏りはまだありませんでしたが、小屋裏の屋根の下地に雨染みが発生しておりいつ室内に雨漏りが起きてもおかしくない状況でした。雨漏りが始まったのは飛び込みで来た業者が台風や地震か...........