防水工事をお考えの方へ|西区

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

名古屋市西区で屋上防水の現地調査を行ってきました。

屋根の形が真っ直ぐな陸屋根という
形の屋根には防水で施工されています。

防水にも色々種類があり

・シート防水
・ウレタン防水
・FRP防水

等種類がありその中でも工法の違いもあります。

それぞれの防水にメリット、デメリットがあり
一番この防水がいいとは言えませんが
その立地や使用方法、リフォームの場合いまある防水との
相性等で提案も変わってきます。

ですので現地調査がとても大切になってきます!!!
防水 雨漏り
防水 雨漏り
早速屋上に上がって見ていくと

今使ってある防水はシート防水という
防水のシートを張っていく防水です。

この防水で多い劣化状態は
シート防水の切れや破れ、剥がれです。

防水にこの様な状態ですとそこから雨が入ってきてしまいます。

雨漏れがある家の多くはこの様な状態です。
防水 雨漏り
防水 雨漏り
シート防水の浮きにより雨が降ってなくても
この様に水が溜まってしまっていました。

ここまで水が溜まっているとかなりの可能性で雨漏りしてしまっています。

防水を雨漏りしてしまっていると
下地が腐ってしまう可能性があり大きな工事が必要な場合があり
とても費用が掛かってしまいます。

防水のメンテナンス期間は10年です!!!

こうなってしまう前にメンテナンスしておきましょう!!!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風被害

今回の台風はとても被害が多く多くの屋根が被害にあってしまいました。棟の板金の飛散、瓦の飛散、酷い所では屋根の下地から飛んでしまったという家もありました。その中でも今回はスレート屋根の棟板金が飛んでしまったというご依頼を頂き名古屋市昭和区に行...........

スレート屋根の雨漏れ

北名古屋市のスレート屋根の雨漏れ事例の紹介です。弊社にお問い合わせがありました。数年前に他社で塗装工事をされたそうですが、ここ最近になって雨漏れが発生したそうです。塗装をする前は雨漏れは一切なかったそうです。塗装をされた業者に連絡はしたそう...........

スレート屋根の雨漏れ

名古屋市港区での雨漏れ事例の紹介ですスレート屋根が使われており築年数は20年以上という事でした。雨漏れが発覚したのはつい最近のことで室内に雨漏れが無いので気がつかなかったそうです。スレート屋根の雨漏れの原因を特定するのは正直かなり難しいです...........