塗装が困難なスレート屋根にカバー工法が最適です|名古屋市西区


名古屋市西区で屋根工事をしています。

工事内容はスレート屋根にカバー工法(重ね葺き工事)をします。

スレート屋根は複数回塗装をしていた場合や

経年による劣化の進行によって塗膜剥離や反り浮き、基材の劣化が進み塗装が困難な場合があります。


そんな場合は2種類の工事方法があります。

屋根葺き替え工事
 既存の屋根材を撤去して新しく屋根材を葺く工事


重ね葺き工事(カバー工法)
 既存の屋根材の上から新しく屋根材を葺く工事


上の2種類となります。

スレート屋根の場合は重ね葺き工事が出来ます。


重ね葺き工事のメリットとしては
・屋根材のめくる手間
・既存屋根材の処分費
・工期の短縮
・工事中の雨漏れリスクの軽減

このようなメリットもあります。


デメリットとしては
・下地の状態が悪いと工事が出来ない
・屋根を重ねて葺く為、屋根が重たくなってしまう。


この様なデメリットもあります。

しかし工事前には下地の状態の確認は必ず行います。

また屋根の重さに関しても上に乗せる屋根材によっては既存の屋根材の3分の1となるため

そこまで屋根に負担をかけずに工事をする事もできます。

スレート屋根の劣化 カバー工法
経年劣化によってクラックが全体的に発生していました。
スレート屋根の劣化 カバー工法
表面に塗装してある塗膜が剥離してしまい
スレート屋根の素地が露出しています。

水を吸いやすい状態となり湿潤状態となり劣化を進行させてしまいます。

塗装をしても早期的に剥がれてきてしまう恐れがあります。
スレート屋根の劣化 カバー工法
スレートの反りが進行して全体的に浮いていました。

吹き降りの雨の際に雨水が侵入する恐れがあります。
スレート屋根の劣化 カバー工法
スレート屋根のカバー工事を提案して

工事をする事となりました。

屋根の勾配がきついので屋根足場を設けて

これから作業に入ります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

瀬戸市でカバー工法|D'sルーフィング ディプロマット

カバー工法 施工前
カバー工法 施工後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
D'sルーフィング ディプロマット
築年数
25年
建坪
105㎡
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
110万円(足場含)
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根重ね葺き外壁塗装工事

一宮市で弊社で1年前に屋根重ね葺き(カバー工法)外壁塗装工事       をして頂いたお客様の1年点検にいってきました。屋根はニチハの横暖ルーフαプレミアムSという板金屋根材外壁はエスケー化研のシリコン塗料を使用しました。上の写真は横暖ルー...........

スレート 台風被害 

前回ご紹介した台風被害によるスレートのめくれた現場の屋根工事が開始いたしましたのでその様子をご紹介いたします。今回工事するのは今ある屋根材の上から新しい屋根材を被せる重ね葺きという工法です。重ね葺き工事のメリットは葺き替えに比べ廃材撤去の手...........

カバー工法 金属屋根

前回ルーフィングまで張った現場を今回屋根材を葺いていき完成させていきます。使用した材料はアイジー工業のスーパーガルテクトフッ素という商品です。それでは工事の様子をお伝えしていきます!!!