名古屋市西区の棟取り直し工事の続き


名古屋市西区で行っています屋根の棟取り直し工事の続きです。


雨漏りしていた屋根の棟部分を解体する所まで工事が進みました。

今回はその続きです。
棟の取り直し工事
前回までの様子です。

棟部分を解体しています。
この後土も撤去して掃除をしていきます。

棟の取り直し工事
掃除をした後の様子です。
ここから瓦を積んでいくのですが
今回は紐丸瓦という簡単いうと
瓦一枚で棟部分を仕上げていく方法にしました。

平板瓦やS瓦等で用いられるやり方です。
棟の取り直し工事
次に写真中央に見えるのが
前回まではなかったものです。

下地を取り付けていきそこに瓦をビスで固定します。

またこちらは樹脂でできており腐ることはないので

木材でやるよりも安心できます。
棟の取り直し工事
強力棟といいます。

強力棟を取り付けていきました。
棟の取り直し工事
次になんばん漆喰という

シリコンの入った漆喰を盛っていきます。

耐水性もあり通常の漆喰よりも強固に固まります。
棟の取り直し工事
最後に瓦をビスで固定すれば完了です。


before1
棟の取り直し工事
棟部分から草が生えており
漆喰も劣化していました。
horizontal
after1
棟の取り直し工事
以前よりも棟部分が低くなりました。

すっきりとした印象になりますね

瓦を積まない分、瓦代や棟部分の重さも軽くなり
お家にも家計にも優しいです

雨仕舞も良いので見た目に問題がなければこの様な工事も出来ます。

街の屋根やさん名古屋東までご相談ください!

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

平板瓦 棟取り直し工事

名古屋市北区で経年劣化によって下地が腐食して棟瓦がズレていました。ずれた瓦の隙間からの雨漏りもそうですが、台風や強風で瓦がずれて下へ落ちてしまうと大変危険です。台風シーズンに入る前にという事で工事をすることになりました。前回は棟瓦の取り外し...........

平板瓦 棟取り直し工事

名古屋市北区で平板瓦の棟取り直し工事をしました。経年劣化により棟瓦の下地木材が腐食して棟瓦にズレが発生していました。ですので一度棟を解体して下地を補修した後に瓦を復旧する棟取り直し工事をする事になりました。

棟取り直し工事

北名古屋市で去年、台風被害に遭った家の補修工事をしています。こちらのお客様ですが他の業者さんで工事を依頼していたのですが連絡が全くつかなくなってしまい、弊社へ依頼がありました。屋根の事がわからない業者は下請けに丸投げにしているので工事が忙し...........