名古屋市西区で緑色の洋瓦屋根の点検。屋根リフォームは街屋根へ


名古屋市緑区で緑色の洋瓦屋根の点検をしてきました。
鮮やかな緑色の瓦でした

陶器瓦の場合はスレート屋根と比べて塗装というメンテナンスは必要ありません。
焼き物なのでお茶碗みたいに退色などしないからです。

しかし棟部分には漆喰が使われているので棟部分のメンテナンスは必要となります。

また飛来物によって瓦が割れてしまう事もあるため、瓦の割れがないかを確認する必要もあります。

屋根のリフォーム工事はどこへ頼んでいいのか、そして何をしたらいいのか
なかなかわからないことが多いと思います。

屋根リフォーム工事を検討されているのであれば一度街の屋根やさんにご相談ください!

街屋根のホームページやブログを見てもらえれば
どんな会社か、また屋根の事がいろいろと知れると思います

今回はそんな屋根のリフォームをご検討の方からのお問い合わせで屋根の点検に行ってきました。
IMG_20191028_105952_R
今回点検した洋瓦屋根です。

瓦には釉薬でコーティングされているので艶がある仕上がりになっています。
色褪せもほとんどしないので塗装する必要はありません。
洋瓦 漆喰 棟のメンテナンス
洋瓦 漆喰 棟のメンテナンス
一部瓦に割れがありました。

割れた瓦に養生テープが残っていたので割れてから補修された形跡があります。
しかし養生テープでは防水性もほとんどなく補修にはなりません

新しい瓦を用意して差し替えをしてあげる必要があります。
洋瓦 漆喰 棟のメンテナンス
次に屋根に白色の塊が落ちていました。

漆喰です。

劣化した漆喰が剥がれて落ちています。

洋瓦 漆喰 棟のメンテナンス
洋瓦 漆喰 棟のメンテナンス
漆喰が塗られていた場所は

漆喰がほとんど残っていない場所もありました。
さらに漆喰と中の葺き土が流されて下地が見えてしまっている部分もあります。

漆喰の補修が必要です
洋瓦 漆喰 棟のメンテナンス
棟瓦の部分では固定するための釘が浮き上がっていました。

瓦はガタガタと動くので固定力が低下しています。
浮いた釘の隙間から雨が入りやすいので下地の劣化も心配です。

漆喰だけのメンテナンスではなく下地の交換も含めたメンテナンスが良いと思います

陶器瓦の場合のメンテナンス(屋根リフォーム)工事は

・漆喰工事
・瓦の割れ補修
・瓦のずれ補修
・葺き替え工事

上記の内容がほとんどです。

いつしたらいいのか、なにをしたらいいのか

それに迷ったら遠慮なくご相談ください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

エバールーフたてひら 板金屋根

名古屋市天白区で板金屋根の点検をしました。屋根には日鉄鋼板(※旧日鉄住金)のエバールーフたてひらが使用されていました。新築時に板金屋根(エバールーフたてひら)が葺かれてから10年が経過したそうです。先日、とある訪問業者さんから『メンテナンス...........

外壁サイディング 塗装時期

愛西市で外壁の点検をしました。外壁が新築や前回の塗装の時から色褪せてきているなら塗装の時期かもしれません。※塗料の種類にもよりますが10年過ぎているなら注意が必要です。色褪せや劣化が進行する前に塗装をすることで家の寿命を延ばすことが出来ます...........

スレート屋根 劣化とメンテナンス方法

日進市で築10年のスレート屋根の点検をしてきました。屋根がスレートの場合は塗装が必要となってきます。「いつ塗装をすればいいの?」この様な質問を多く頂きますが、家によって劣化の進み方が違うので一概には言えません。そんな時は街の屋根やさんの無料...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687