台風被害後の補修工事|日進市で棟瓦の取り直し工事をしてきました


S瓦 台風被害
日進市で台風被害にあったお客様の家の屋根工事をしてきました。

9月の台風被害の工事がまだまだ続いております
工事内容によっては年明けの工事になってしまいそうです・・・。
皆様にはご迷惑をおかけしておりますが順次工事の手配を進めておりますので何卒宜しくお願い致します。


さて今日は屋根の工事のお話です

瓦はS瓦という瓦です
台風被害によって棟部分の瓦が写真の様に飛ばされて下地が露出していました。
S瓦 台風被害
棟瓦を留めてある釘が至る所で浮いていました。

浮いているという事は釘が効いていないという事です。
S瓦 台風被害
棟瓦をめくってみると・・・

中の下地が腐食していました。

この状態を見ると釘が浮くのも分かります

瓦の固定力が低下して今回の台風で飛ばされてしまいました

棟取り直し工事

S瓦 台風被害
まずは棟瓦を撤去します

そうすると漆喰と葺き土が見えてくるので
それも全て撤去します
S瓦 台風被害
漆喰と土を撤去したら

細かな土もきれいに掃除していきます
S瓦 台風被害
次に新たな下地を取り付けていきます

今回は以前使われていた木材ではなく樹脂でできた人工木材を使用していきます

腐食しないので耐久性が高いです
S瓦 台風被害
下地の取付が終わったら

漆喰を塗っていきます

なんばん漆喰といい中にシリコンがはいっており耐水性があり長持ちします
S瓦 台風被害
最後に瓦を復旧して完了です

今回は隅棟1本(5M程度)だったので1日で終わりました

屋根の状態はなかなか確認できないと思います

街の屋根やさん名古屋東では調査見積もりは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟取り直し工事

北名古屋市で去年の台風でずれてしまったS形瓦の棟部分の工事をしました。経年劣化によって下地の劣化が進行しており瓦を固定している釘が浮いていました。釘が下地に効いていない状態の為、一度棟を解体して新たに棟を積み直す工事をしました。

棟積み直し工事

清須市で雨漏りを直すために棟の積み直し工事をしています。先日、屋根の点検をして小屋裏のチェックと散水試験をした結果、棟部分からの雨漏りと分かりました。棟下部分の漆喰を塗り直しただけでは雨漏りを直す事にはならないので今回の工事では棟の積み直し...........

棟積み直し工事

清須市で瓦屋根の棟部分から雨漏りを引き起こしていた家の棟積み直し工事をしています。棟積み直し工事とは今ある棟を一度解体をして再び瓦を積み直すという工事です。