大府市で屋根の点検|釉薬瓦


屋根・点検
大府市で瓦屋根の点検を行ってきました

瓦屋根の点検のポイントは・・・
瓦の浮きやズレ、割れ
棟のズレや割れ
漆喰の劣化、剥離等があります

それでは屋根に上がってみます

瓦には大きく分けて2種類存在しますそれは
釉薬瓦】と【無釉薬瓦】です。
これは最後に釉薬と呼ばれる薬品が塗られているか塗られていないかの差です。

釉薬瓦は見た目に光沢があり触るとツルツルしています

今回はこの釉薬瓦の屋根でした
屋根・点検
瓦をよく見ていくと
小さいですが欠けている瓦が何枚かありました

釉薬瓦は表面に釉薬という薬品が塗られておりそのためこのような光沢がありそのコーキングが雨や紫外線から守ってくれるのでその表面が剥がれ素地が露出した状態で放置しておくと、徐々に雨水を吸い劣化の進行が早まってしまいます

瓦は部分的な差し替えができるので早めに直してあげましょう

屋根・点検
こういった小さな割れでも露出している部分があれば雨はどんどん染み込んでいきます。

瓦は基本的にはノーメンテナンスで大丈夫ですが
割れたりしたら最低限のメンテナンスは必要となってきます

ですがメンテナンスを怠らなければ半永久的に瓦屋根特有の風格のある見栄えでいられるということです
屋根・点検
瓦をめくってみると中には土が詰まっていました
これを土葺といいます。

昔はよく使われていましたが1坪あたり約300kgととても重く耐震性が心配です・・・
しかし今のサン葺きの工法で葺くと1坪あたり約150kgと半分の重さまで軽くなります

耐震性等気にしている方は1度ご検討してみてください
屋根・点検
屋根・点検
大棟や隅棟にズレや浮きはありませんでした
ですが上は問題なくても下にある漆喰の劣化は進行していました。

漆喰の劣化が進行してくると剥離が起こってきます。
漆喰が剥がれると中にある土に雨水が染み込んできますそれが徐々に下に行き雨漏りの原因となってしまいます

漆喰だけの補修も可能です。
古い漆喰を撤去し、新しい漆喰で埋めていきましょう
今回の点検は以上です
お客様には部分的な瓦の差し替え、漆喰の補修でご提案させて頂きました。

点検・見積もり提出まで無料でやっています。
ですので分からないこと疑問などがあればお気軽に

街の屋根やさん名古屋東にご相談ください

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

大府市で屋上アスファルト防水工事を行いました

施工前
アストップコート施工後
工事内容
防水工事
使用素材
アスファルトタフネスシート、専用シーリング材他
築年数
25年
建坪
保証
10年(メーカー・工事会社)
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外壁塗装工事 アフター点検

名古屋市西区で外壁塗装工事をして1年が経過した家にアフター点検をしに行ってきました。外壁はサイディングでフッソ塗料にて外壁塗装工事をしました。フッ素塗料ですと耐久年数としては15~18年位です。よっぽど問題はないのですが、念の為にという事と...........

S瓦 棟瓦 点検

日進市で屋根の工事が始まりました。屋根の棟部分の工事なのですが本日は以前点検に伺った際の様子をお伝えしていきます。今は台風シーズンに入っており台風が今週末にも近づいてきています。大きな被害を出さない為にも早めの対策をしていきましょう。

平板瓦 イーグル40

名古屋市緑区で築15年のお家の屋根をみてきました。今後、雨漏りをしては困るからという事でご依頼を頂きました。屋根には平板瓦が葺かれていました。基本的に平板瓦(陶器瓦)は他の屋根材(スレート屋根など)と比べて塗装といったメンテナンスは必要あり...........