アーバニーグラッサの不具合|屋根調査|大治町


スレート アーバニーグラッサ
大治町で屋根の調査に行ってきました

現在雨漏れがあるとの事で実際に屋根に上がってみました。

屋根には【クボタ アーバニーグラッサ】が使用されていました

この商品はアスベストが含まれていない
無石綿スレートの先駆けとなった屋根材です

良く見るスレートと比べて大きなスリットが入っているのが特徴です。
しかしこのスリットが原因で経年劣化によって割れが発生しやすくなっています。
スレート アーバニーグラッサ
スレート アーバニーグラッサ
棟の板金部分を見てみます。

棟を留めている釘が浮いています。
また本来釘を打たない場所にも釘が打ってあり、そこの釘も浮いていました。

浮いた釘の隙間からの雨水の侵入が考えられます
スレート アーバニーグラッサ
屋根の谷という部分です。

谷には銅板が使用されていました。
経年劣化によって穴があいてしまう事があるのですが、現状はあいていませんでした

しかし谷の右部分を見てみますと・・・
屋根材が割れてズレが生じて防水シートが露出していました。
スレート アーバニーグラッサ
その部分の拡大写真です。

露出した防水シートが露出しており
劣化が進行していました。
部分的に防水シートにも切れがあり木部の腐食がみられました。

今回の雨漏りはここから雨が侵入していると考えられます。
スレート アーバニーグラッサ
こちらはクラックが発生して屋根材がズレ落ちて
下の屋根材と捨て水切りという板金が露出している状態です。

まだ重なり部分に屋根材があるので
雨水の侵入は無いですが早期の補修が必要です。


スレート アーバニーグラッサ
こちらも屋根材がズレている状態です。

防水シートが露出しており劣化が進行しています。

この様にアーバニーグラッサは年数が経過するとスリットが原因となりクラックが発生します。

そうすると下葺き材の防水シートが露出したりスレートの釘が露出してしまい
その様な部分からの雨水の侵入が考えられます。

全体的に劣化が進行しており部分的な補修や塗装が難しい状況です。

葺き替え工事も良いですが
スレート屋根の場合は重ね葺き工事【カバー工法】というのが出来ます。

そうする事によって
工期の短縮や廃材が発生しないというメリットがあります。

もしも雨漏れや屋根の事でお悩みの方は

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........