オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大治町で化粧スレート屋根の点検 屋根には退色やカビが発生


大治町で化粧スレート屋根の点検をしました。

屋根には退色やカビが発生していました。
スレート屋根のメンテナンスは塗装が一般的です。
しかし屋根の状況によっては塗装が出来ない又はお勧めできない場合場合があります。

著しく既存のスレート屋根が劣化している場合や雨漏りしている場合は塗装をお勧めできません。
特に雨漏りしている場合は塗装工事では雨漏りを直すことは不可能に近いからです。

塗装したての時は一時的に雨漏りが止まる場合はありますが一時的なものに過ぎず、
雨漏りが再発する可能性が高いです。それは雨漏りの原因そのものを直したことにはならないからです。

ですので塗装をするのであれば、まず雨漏りの原因を調べてその原因を直してから塗装をおすすめします。


本日は雨漏りはしていませんが築年数の経過したお家の屋根の点検に行ったのでその様子をお伝えしたいと思います。
スレート屋根の点検
今回は築15年の家の屋根の点検をしました。

スレート屋根では塗装によるメンテナンスが一般的です。

今回点検した家では屋根の退色及びカビの発生がありました。
また写真の真ん中に赤い矢印が見えると思いますが屋根材に反り浮きがありました。

反り浮きは雨が降った際に屋根材が吸水・乾燥を繰り返すことで進行していきます。

この反り浮きが進行して悪化すると反りの幅が大きくなり吹き降りの雨の際に屋根材の重なり部分から浸水して

雨漏りへと繋がってしまう事もあります。

今回も反り浮きはありましたが、まだ塗装が可能な範囲でした。


反り浮きの状態がひどい場合は、屋根重ね葺き(カバー工法)か葺き替え工事が必要になります。


スレート屋根の点検
急こう配屋根でした。
(屋根の角度が急な事)

屋根の角度が急なので人が立つのが難しいです。
工事の際は屋根足場が必要となります。
スレート屋根の点検
屋根材に反り浮きはありましたが、

屋根材自体の割れや抜け落ち等はありませんでした。

スレート屋根の点検
スレート屋根の点検
スレート屋根の点検
スレート屋根の点検
新築時は黒色の屋根でしたが、表面の塗装が劣化して剥がれています。

白く見える部分が塗膜が劣化して剥がれた後です。

黒色の斑点がカビです。

防水性や退色が進行しているサインなのでメンテナンスの時期に来ています。

反り浮きがこれ以上進行する前に塗装をするのをお勧めします。

築年数と劣化の状態から判断すると
塗装によるメンテナンスで問題はないかと思います。

しかしメンテナンスの周期を延ばしたい場合はより高耐久の屋根材に変えるのも良いと思います。
スレート屋根の場合は既存の屋根の上からカバーする重ね葺き工事が出来るので費用を抑えられてお勧めです。

屋根工事の事なら街の屋根やさん名古屋東店にご相談ください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

折半屋根の塗装

一宮市で退色と錆が発生して経年劣化が進んだ折半屋根を見てきました。折半屋根は金属製なので良い状態を維持する為に定期的なメンテナンス(塗装)が必要となります。今回は見積りも兼ねた現地調査をしてきました。

雨樋の詰まり

北名古屋市で雨漏りの点検をしました。雨漏りの原因を調査した結果、雨樋の詰まりによるものだと判明しました。家の周囲に高い木々がある場合は枯れ葉などによって雨樋の詰まりを引き起こす場合があります。その場合は定期的な雨樋の掃除が必要です。今回の雨...........

モニエル瓦 ホームステッド

一宮市で屋根の点検をしました。屋根にはモニエル瓦のホームステッドという商品が使用されていました。モニエル瓦は現在生産をされていない屋根材です。在庫も手に入らない状態となるので屋根材が割れてしまうと補修が困難となります。ではモニエル瓦の場合の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687