オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

尾張旭市で室内の天井に雨漏りしている瓦屋根の点検をしました。


瓦屋根の雨漏り
尾張旭市で室内の天井に雨漏りしている瓦屋根の点検をしました。

かなり前から雨漏りはあったそうなのですが知り合いの大工さんがその都度直してくれていたみたいです。

しかし一時的には止まる物の少し経ったら雨漏りは再発してしまうそうで

長年、雨漏りに悩まされているようでした。

実際に屋根に上がって状況を確認しました。
そして雨漏りの原因が分かりました。
瓦屋根の雨漏り
最初に小屋裏の状況を確認したのですが、

屋根の棟部分周辺に雨染みが確認できました。

小屋裏は電気が無いのでカメラのフラッシュを焚いて撮影したのですが、

光のない状態で確認したところ・・・。
瓦屋根の雨漏り
屋根から光が漏れているのが分かりました。

完全に空が見えているわけではないのですが光が見えます。

今の屋根の作りですと防水シートが張られているので小屋裏から屋根方向をみても

光が漏れることはありません。
瓦屋根の雨漏り
瓦屋根の雨漏り
この様な感じで電気を消すと光が漏れていました。
瓦屋根の雨漏り
瓦屋根の雨漏り
屋根にあがってみると

瓦が歪んでずれている部分がありました。

そのずれを直す為か、瓦にはラバー工法がされていました。

ラバー工法とは瓦と瓦をコーキングで接着する方法です。

やり方を間違えるとかえって雨漏りのリスクを高めてしまいます。

正しいやり方としては瓦の左下の部分にL字でコーキングを接着するのですが

こちらの場合は瓦の左部分に上から下までI字でコーキングがされていました。

この場合、万が一雨が浸入した時に水の逃げ道を塞いでしまいます。

そうすると瓦の裏側へと雨が廻ってしまう恐れがあるので注意です。

屋根の事を全く知らない業者さんですと瓦と瓦の隙間をすべて埋めてしまう

間違ったラバー工法をされている所もよくみます。

今回は黄色信号レベルのラバー工法でした。
瓦屋根の雨漏り
瓦屋根の雨漏り
瓦屋根の雨漏り
瓦屋根の雨漏り
今回の雨漏りの一番の原因は、防水シート代わりとなる杉皮に隙間が生じたことによる雨漏りです。

杉皮の隙間が小屋裏からの光の漏れの原因でした。

新築時からなのか経年で隙間が生じたのかは分かりませんが

吹き降りの雨の際に瓦の裏へと侵入した雨がこの隙間から浸水したと思われます。

この場合の補修の仕方としては屋根の葺き直し、または葺き替えです。

昔は防水シートとして杉皮が使われていましたが今は防水性の高い

専用の防水シートを使用します。

表面のコーキングだけでは雨漏りの根本的な解決にはならないのでご注意ください。

お客様にはその旨をご説明して次回、お見積もりの提出をさせていただきます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋の詰まり

北名古屋市で雨漏りの点検をしました。雨漏りの原因を調査した結果、雨樋の詰まりによるものだと判明しました。家の周囲に高い木々がある場合は枯れ葉などによって雨樋の詰まりを引き起こす場合があります。その場合は定期的な雨樋の掃除が必要です。今回の雨...........

モニエル瓦 ホームステッド

一宮市で屋根の点検をしました。屋根にはモニエル瓦のホームステッドという商品が使用されていました。モニエル瓦は現在生産をされていない屋根材です。在庫も手に入らない状態となるので屋根材が割れてしまうと補修が困難となります。ではモニエル瓦の場合の...........

板金屋根 屋根点検

名古屋市熱田区で立平板金屋根の点検をしました。某ハウスメーカーさんの家なのですが築10年を過ぎたので一度家の状態を知りたいとの事でご相談を頂きました。特に屋根は普段は見えない位置にある為、とても気にされておりました。さっそく屋根に上がって点...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687