目地の補修工事|千種区


名古屋市千種区でサイディングの目地補修工事を行ってきました

コンクリート、ブロック、タイル、サイディング等積んだりした時できるつなぎ目の部分です。

多くのサイディングには目地にコーキングが打ってあり、そのコーキングの補修工事を行ってきました



目地
目地
目地の劣化状態は切れやひび割れ、剥離があります。
新築から早くて5~6年程でひび割れ等が発生してしまう可能性もあります

目地にひび割れ等が発生したからすぐに雨漏りする可能性は低いですが
このまま放置しておくと1度割れた場所は引っ付くことはなく割れはどんどん広がっていきます

そこから徐々に侵入してきた雨水が下の防水シートを劣化させ下地まで行ってしまうと
なかなか乾かず腐食が進行してしまいます



目地
目地
目地の補修方法はまず古いものをカッター等で綺麗に剥がしていきます
剥がしたら周りに付かないよう養生していきます。

次にプライマーといって接着剤の役目をしてくれるものを塗っていきます。
ここで手を抜くと最終的にそれだけ綺麗に見えても補修後すぐ剥がれてきてしまうのでしっかりやっていきます。
最後に打っていき写真のように綺麗に慣らしていけば完成です
eab13a04094ad19a2931bf026d2de42d-columns2-overlay
コーキングにもいろいろな種類や色がありますのでなるべく壁の色に合わせて目立たないようにしていきます

目地
サッシ廻りにもコーキングが打っており補修が必要です

しかしサッシ廻りの補修は古い目地を取ってからの補修ができないので新しく上から増し打ちをしていきます
目地の切れから入った雨水はだんだん広がっていき横の外壁材や中の下地の劣化を早めてしまう可能性があります。
切れたらすぐ補修というのは難しいと思うのですが塗装等の工事の時は一緒に直してあげましょう




街の屋根やさん名古屋東店
点検・見積もりまで無料でやらしてもらいます

分からないこと疑問がある方は

まず街の屋根やさん名古屋東店にご連絡ください

お問い合わせはこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........

スレート屋根 雨漏り原因

名古屋市緑区でスレート屋根の雨漏りの調査に行ってきました。室内への雨漏りはまだありませんでしたが、小屋裏の屋根の下地に雨染みが発生しておりいつ室内に雨漏りが起きてもおかしくない状況でした。雨漏りが始まったのは飛び込みで来た業者が台風や地震か...........